nature-angel’s diary

日常のつぶやき、スピリチュアルなこと、オラクルカードリーディングなどをお届けします

これまでのやり方からの脱却

 

nature-angelです。

 

昨日、急にメッセージがやって来て。

それは、「これまでとは全く違う発想で動いていく」ということ。

 

大抵の人は、何か行動を起こそうとする時、何らかの考えが頭の中をよぎるはず。

私も例外なく、そのような順番を踏みますが、昨日、何かをしようと思った時、ふと頭に浮かんだのです。

 

「これまでと同じ根拠、発想で動いていたら、同じ結果を繰り返すだけだろう」

 

「これまでと全く違うこと、全く違う結果を得たいなら、これまでとは全く異なる発想を持つことも必要だ」と。

 

実は、始めにそのメッセージを受け取った時は、何だかもやもやしていて。

空気中の霧のもやを見ているような、中途半端で不快な感じ。

 

でも、内容はわかったので、とにかく、何かをやろうとするのは止めて、

いつも考えているようなことを考えるのも止めました。小休止。

頭を空っぽにしつつ、これまでの発想から遠ざかっている最中です。

 

次の世界、新しい世界へ行く時は、「エイッ!」と一歩踏み出せばよいわけではないようです。移行の期間があるようで。

 

『ウィズダムオラクルカード』の中にある一枚「Between Worlds 二つの世界の狭間で」がこのことを表しています。

 

片足が古い世界にあり、もう片方の足が新しい世界にあるという。

興味深いですね。

 

 

では、大好きな「ミスティカルシャーマンオラクルカード」からの一枚です。

The Seer 預言者

 

The Seer

『ミスティカルシャーマンオラクルカード』より

 

The Seer 予言者

 

本質

予言者のカードは、人生の細々とした明白な事象の先にある”隠された領域”にまで手を伸ばし、探っていく能力を示します。

 

『ミスティカルシャーマンオラクルカード』ガイドブックより抜粋

 

予言者は、「直観」や「第六感」を使っていくことに関連します。

シャーマンなどは、直観力や霊感力に優れますが、この能力はすべての人間に備わっているものです。

 

直観は、使えば使うほど、どういうものか理解が進み、使い慣れるようになっていきます。

最近では、よく考え抜いて決めたことと最初に直観で決めたことにほとんど相違がないとの研究結果も出ているようです。

 

予言者が優れている点は、直観だけではありません。

優れた観察者でもあるのです。

 

ささいなことを見逃さず、経験から多くを学ぶことに加えて自分の感覚を信頼し、心と体と精神を総動員して物事を見ているのです。

どんな小さなことにも意味を見出せる分析力、真実を見定める力に長けています。

感情さえも道具とすることができるのです。

 

このカードが出る時、次のようなことに気を付けて、周りをよく観察してみてください。

 

自分の直観を信頼すること、

三次元の世界では計り知れない世界の存在、

自分の頭ではとうてい思いつかない何かが起きる可能性、あるいは水面下でもう既に何かが始まっているということ。

 

 


オラクルカードランキング

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.