nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

エネルギーの交換 ‐ お金をツールとして認める

f:id:natureangel:20170109095035j:plain

 

nature-angelです。

 

みなさんは、お金に対して、敏感な方ですか?

 

私は、幼少の頃から、お金を使うことに抵抗がありました。

お金を意識しすぎるんです。

でも、最近、現金を取り扱うことが少なくなって、

お金に対する概念が変化してきたように感じます。

 

 

 

クレジットカードの使用

 

最近の私は、クレジットカードで購入できるものは、少額でもほとんどクレジットカードを使うようになりました。

お金の出し入れや、銀行からの引出も少なくて、お金に対するストレスも減ってきたように思います。

現金を見ないのも、良いのかもしれません。

 

現金を出さないでやり取りしていると、お金への思い込みも少なくなって、

お金は、やはり”交換”のためのツールなんだと再認識できるようになってきました。

不思議ですね。

 

 

お金のエネルギー

 

お金は、もともと物々交換をしていた流れで出来た交換のためのツールです。

でも、いつしか、”お金”は特別なものと見なされるようになり、

お金をたくさん持っている人が偉いかのようないろいろな概念が重なっていきました。

いつから、そんな風になったんでしょうね。

これは、いわゆる”エゴ”の部分が関係しているように思います。

 

現在、実際に使われている”お金”は、とても物質的なエネルギーを持ち、色で言うと”赤(レッド)”。

レッドは、エネルギーの色でもあり、サバイバルな問題を示す色でもあります。

 

西洋では、よく”レッドドラゴン”が登場し、悪いものの象徴として扱われることがあります。映画『ホビット 竜に奪われた王国』でも、金銀財宝を取り仕切る邪悪な存在として出て来ました。

 

 

交換ツールとしてのお金

 

今から二十年前くらいだと、預金の利子がとても高く、定期預金などを持っているだけでかなりの金額を稼ぐことができました。

でも、最近ではそんなことはありません。

物価も下がり、お金や物を持っているだけではなかなか金儲けは出来づらくなったのではないでしょうか。

私は、ビジネスのことも、お金のことも、お金の歴史にも詳しくないので、お金について、とやかく言える立場ではないのかもしれませんが、ふと思ったんですよね。

お金について。

 十年、二十年前とは、お金の概念が変化しているって。

 

自分の中の問題もあるかもしれないけれど、確かに変わっていますよね。

デジタル化している部分がすごく、増えている。

 

私自身は、最近、極端に現金に触れることが少なくなってきて、すごくお金の概念の変化を感じた。

それで思ったことには、お金に乗るエネルギー自体も変化してるのでは? ということ。

 

私の世代では、おそらく、経済的に普通かそれ以下の家庭では、子供の頃はクレジットカードを使う人はあまりいませんでした。

でも、今の若い世代の人たちは、スマホで支払とか、現金を使わない人も結構多いのではないでしょうか?

 

お金が数字だけの存在となる時、エネルギーとしての純粋さを取り戻している部分もあるのではないのかな?

交換ツールとしての役割への再帰がなされるのではないか?

と思うこの頃です。

 

 

コミュニケーションツールの発達

 

ツールと言えば、コミュニケーションツールの発達も著しい。

インターネットの発達から、電子メール、フェイスブックやTwitterなどのSNS、道具としてのスマホの発達など、十数年前では考えられないようなことが起きてます。

 

何ていうか、物質的なものから、精神的なものへの変化を感じます。

目に見えて形のある物質的なものより、目に見えない思考やエネルギーの流れが主流になっている感じがする。

もちろん、物質的なものは存在するのだけれど。

 

人間も、物質的な価値よりも、情報や思考や人間関係など、目に見えないものへの価値を見つけるようになってきていると感じます。

もちろん、そういうものは昔からあるのだけれど、

より価値を置くように意識的になってきたというか...。

 まあ、家電の発達もあって、生活形式自体が変化したので、当然といえば当然。

 

表層の意識の有り方が、昔より、明確化しているのだと思います。

それと同時に、無意識の有り方も変わってきている感じもする。

 

上手く言えないのですが、表層意識と無意識が同時に強くなっている感じ。

その分、思考や感情が増幅されるというか、思考や感情の取り扱い方がよくわかっていない人、間違った方向へ行っている人には、自分では制御不可能な部分が出てくる人可能性も...。

 

結局、人間も宇宙の一部なので、宇宙の発展の流れに沿わない生き方をしていても、半ば強制的にそうなっていくのだと思います。

そして、人類は現在、精神の成熟期に入っているのだと思います。

 

 

エネルギーの交換

 

最近の私は、エネルギーのことを中心に何でも考えるようになり、

その観点から人間と言うものを見てみると、

 

「人間はいつでもエネルギーの交換をしている」

 と思ったんですね。

 

どういうことかと言うと、

例えば、みなさん、他人と話す時のことを思い浮かべてみてください。

他人と話をしているところ。

 

何をしていますか?

 

もちろん、声を出して、話をします。

でも、一体、何をしている?

どうして、目を見たり、声や声から聞こえる言葉に耳を澄ませ、理解できるのか?

どうして、人は他人と話したくなるのか?

どうして、人は他人と話をして、充実感を感じるのか?

 

これは、目に見える物理的な行動では、説明不可能ですよね。

それで、私は、「エネルギーの交換をしている」行為だと考えた訳です。

 

そのように考えて行くと、いろいろな物事もシンプルに考えられます。

「ああ、エネルギーの交換ね」

と思えば何でも済んでしまいます。少なくとも私の場合は。

 

 

お金をツールとして認める

 

ここで、お金の話に戻ると、

お金は、主に物や情報やサービスなどを交換するための媒体。

中間にある、交換のためのエネルギーと解釈できませんか?

 

お金自体に価値があるという概念で金儲けするビジネスもあるかもしれませんが、デジタル化が著しいところを見ると、お金自体に価値を付けることは、時代遅れなのではないかな? と私は思います。

また、私自身は、お金に最大の価値を持つ生き方から脱することが理想だと今は思うようになりました。もちろん、お金は必要ですけど^^

 

だから、お金に対して”ツール”ということの意識を高めることが大切だと今は思うんです。

ちょっと、話は外れますが、私は学校や受験勉強のトラウマからか、”英語”に対する苦手意識がすごく強い。

でも、英語は単なるコミュニケーションツールです。

どうして、そんなに苦手意識強くなってしまったんだ? と思うのですが、

”ツール”としての意識が低すぎたんじゃないかと思うんですよね。

「ツールだよ」って、最初に教えてもらうこともないし。

 インターネットやSNSも然り。

 

人って、何か物事に関わる時に、同調、同一化しやすい生き物だと思うんですよね。

だから、何でも、「これは、何のためのツールかな?」という意識を高めることが、実は大切なことなんじゃないかなと思うこの頃です。

 

私もこれから自分がどうなっていくのか、予想すらできませんが、もっと自由な発想で、物理的にも精神的にも自由に生きていけたらと思います。

そして、いろいろなツールを上手く使える人にもなりたいな、とも思います。

 

みなさんも”ツール”としてのお金、意識してみてくださいね。

もう、意識しているって?

私は、遅れているのかな?

でも、マイペースで進みますよ!

みなさんも、自分のペースを大切にしてくださいね。

 

 

では!

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.