nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

天使にお願いしてみよう

天使にお願いしてみよう。やり方は簡単だ。ただ、心で願うだけ。

過去や恐怖を手放そう。もういらないなら、手放そう。

こんな感じでいいんだ。

「私は、過去を手放し、委ねます。天使よ、私を助けて下さい。」

「天使よ、助けて下さい。私の心のこの苦しさを癒してください。」

「いつも感じるこの恐怖の気持ちを手放せるように助けて下さい。」

 

天使には、いろいろいて、一人の人間に何人かついているらしい。でも、その人がお願いしなきゃ、助けてあげることができないってことになってるらしい。

 

いつでも、どこでも、何度でも、お願いできる。

誰でも、何人だっていいんだ。だって、人間とは違うから。

 

天使は、人間と神様の橋渡しの役目を担っている。神様より、人間よりだ。だから、神様より、お願いしやすいんだよ。きっと。

 

いらないものを手放したら、今度は良いものを受け取ろう。受け入れよう。

そうしたら、癒しがやって来て、エネルギーが動き出す。

いいんだ。受け取れなくても。

そうしたら、また天使に頼んだらいいんだ。何度も。

「私が受け取れるように助けて下さい。」って。

 

そうだよ。ただ、自分のことを認めて、頼めばいいんだ。頼むだけ。助けてくれるように。一方的に。

 

神様は何でも知っている。知らないことは無いんだよ。もし今生で報われなくたって、もし今生で希望が無くなったとしても、いつかは必ずつじつまが合う日が来るはず。

 

だけど、自分は頑張るんだ。自分が蒔いた種は摘み取らねばならない。種が育って大きく育って、刈り取るのが大変だとしても。

 

それなら、どうせ刈り取るのなら、良い種を蒔こうよ。

大きく大きく育った時に喜びと愛情を持って刈り取れる、ポジティブな学びと愛情だけになれるような、そういう種が蒔けたら、未来へと続く種が蒔けたら。

 

もしも、そうじゃなくたって、また天使にお願いしよう。神様にお願いしよう。

「みんな、幸せになれますように。」

「心に平和がやってきますように。」

 

f:id:natureangel:20160913152701j:plain

Copyright © nature-angel,all rights reserved.