nature-angel’s diary

オラクルカードリーディング、メッセージをお届けします

本当の自立とは? ‐ インナーチャイルドと本当の意味での自立

f:id:natureangel:20170101112501j:plain

 

nature-angelです。

 

私は、本当の意味で「自立したいな」とずっと前から思っています。

でも、”本当の自立”って何だろう? ともずっと思っていて、

何だか、今日、ふと思いついたので、自立について書いてみます。

 

 

 

自立って、お金?

 

現在の私は、専業主婦。

今まで、結婚前は会社員、結婚後もパートで働いたことがありますが、

今は自分の稼ぎが無く、現在は今までの貯金で自分の好きなものを購入しています。

そして現在、家事はしているけれど、稼ぎの無い自分のことがどこか不満で、

サラリーマンで稼ぎのある夫に対して心のどこかで「悪いな...」と思っています。

おそらく、夫は全く気にしていないのですが。

 

「経済的にも自立したい」

「せめて自分の小遣いくらいは自分で稼ぎたい」

そうは思うけど、何だか空回り...。

お金のことを気にしすぎて、逆に使いすぎてしまったり...。

 

何でも意識しすぎると上手く行かなかったりしますよね。

 

私の一番の心配は、お金のこと。

でもね、足りなくなったり、借金するほど使いすぎたりすること無いんですけどね。

いざとなったら、バイトでも何でもできると思うし。

 

何でだろう?

自立するって、お金の問題なの?

原因を探ってみることにした。

 

 

幼い頃の記憶にあった原因

 

いつも、お金のことが気になってしまう...。

何でだろう?

 

そんな時、いつも、ふと思い出すのは子供の頃のこと。

「あぁ、お金が足りない」

と母がいつも言っていたという記憶。

なぜか、そればかり思い出す。

何歳頃かはわからない。でも、そのことを特に最近、すごく思い出す。

そして、次にはなぜか怒りの感情を感じる..。

 

これって、完全にトラウマになってるんだろうな、と自分で思った。

大人になった私の頭は冷めていて、

「どこかおかしくね?」と言っている。

先日、ミラーワークでインナーチャイルドのケアをし始めてから、ますますはっきりした。前から、わかってはいたんだけど、もう済んだことと思ってたんだけど、出てきた。

 

しんどいのは、怒りの感情がお腹の底から湧いてくること。

でも、仕方ないなと思う。

きっと、すごく我慢してしまっていたんだと思う。子供の私は。

子供の頃の自分は、幼すぎて何もできなかった。

自分のせいにすること以外は。

 

そんなわけで、自分が悪いと思うようになったんだな。子供の私は。

「自分が我慢すればいいんだ」と思うようになった。

 

でも、子供のことだから、我慢しきれるわけがない。

普段、我慢しすぎているせいで、時々、感情が爆発するようになっていたかなと思う。

それも、友達とのやり取りの中だったり、学校で、あるいは自分の部屋があったので、独りで部屋でよく泣いていた。

発散の仕方がよくわからなかったんだと思う。上手いやり方が。

でも、兄が非行に走って行ったから、何とか真面目に生きて行くしかなかった。

まあ、もともと馬鹿がつくほど真面目だから、それしかないんだけど。

 

 

自立について考える

 

お金への心配症は、原因がわかった。

悩みやトラウマでも、表層の意識に上ってくれば、大体、解決へ向かっているも同然なので、これはもう時間が経てば解決するだろう。

出てくる思いや感情を受け入れて、拒否さえしなければ。

 

さて、それじゃあ、自立するって何だ?

経済的に?

経済的に自立していれば、自立してるって言えるよね。

 

そう、ずっと思ってた。

 

でも、今日、ふと思ったのは、「違うかも」ということ。

 

やっぱり、人って、一人じゃ生きていけない。

経済的に自立してるって言ったって、誰とも関係ない人なんていないよね。

仕事するってことは、誰かと関係しているってこと。

 

やっぱり、労働の対価としてお金をもらっている、いない、ということにこだわりすぎているのかな? って感じがした。

何か、上手く言えないんだけど。

 

私自身が”お金”や”主婦以外の仕事”にこだわりすぎている、そんな感じがした。

 

結局、

母への思い、幼少の頃のトラウマに源がある、と思った。

ほとんど、専業主婦だった母に対して。

「お金がない」と言っていたのに、趣味やおけいこに大金を費やしていた母に。

 

事実はどうなのか、わからない。

幼い私が思った、ある意味の勘違い。

インナーチャイルド。

結局、自分なんだけどね。

 

 

結論

 

それで、私の中に出た結論を言います。

 

本当の自立とは?

「自分で可能なこともやりつつ、”他人の助けもいとわない”人、人生、生活」

と思った。

 

他人の助けを受け入れられるのは、他人を信頼できるということ。

それって、すごく重要だなと思った。

私の場合、「なかなか他人を信頼できない」ということに改めて気づきました。

自分で全てやってしまう方が楽。

でも、それも「全て自分でやっている」と思うことさえ、勘違いだった...。

 

やる前から全て他人に頼るのは良くないかもしれないけれど、

全てのことは自分独りでは不可能であって、何かしら誰かの力に助けてもらっているということに、もっと意識的であろうと思いました。

そうすれば、自分へのプレッシャーも気持ちも楽に生きれるし、

感謝の気持ちももっと増えそう。

もっと、その事実を受け入れよう。

 

何で、こんなことに気がつかなかったんだろう?

わかっていたと思ってたことだけど、本当の意味でわかっていなかった。

拒否していた自分。

先日、”2”、”受容”のメッセージを受け取っていた自分。

オラクルカードでよく”helpful person"のカードが出ていた...。

「自分を開けば、豊かさはどこにでもある」という言葉...。

わかっていたのに、わかっていなかった。

 

やっぱり、上手く言えないけれど、

”受容”って、自分自身を受け入れることでもある。

だけど、自分を丸ごと受け入れることは、自分に付随する部分も丸ごと受け入れることだから、他人や全てを受け入れることにもつながっている。

 

深い...。

何とも言えない深い気づきです...。

 

また、インナーチャイルドも根深いものだなぁとつくづく思いました。

やはり、何か思うところには心の中に何かが隠されているのかもしれませんね。

そうして、人は気づきを得るのかなと思います。

 

私は、今回、このような気づきを得て、ひとつこだわりが減り、経済的な自立ということに対するこだわりも激減して、それが逆に本当の意味での自立への第一歩になったような気がします。

もちろん、経済的な自立についても、こだわり過ぎず、でも、あきらめずに実現していけたらと思います。

 

 

私は、ミラーワークとアファメーションを発端にインナーチャイルドの気づきと癒し、さらに深い気づきへと向かいましたが、みなさんも出来れば、インナーチャイルドにやさしくしてあげてくださいね。

 

 

 

では!

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.