nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

ルドゥーテの「バラ図譜」が好きです

今日は書籍の紹介です。

私は、植物画が好きです。植物画と言えば、有名なのが「ルドゥーテ」と「バラ図譜」です。

ルドゥーテとは、ピエール=ジョセフ・ルドゥーテのことです。1759年にベルギーで生まれました。

「バラ図譜」は、ナポレオン皇后ジョゼフィーヌの作った庭園のバラを描いたもので、銅版画です。

ルドゥーテは植物学的にも精密な植物画を描いた人で、この銅版画も点描により表現される部分がたくさんあって、非常に繊細な感じがします。

赤やピンク色のバラがたくさん描いてあって、色合いも素敵です。

最後の方に、ルドゥーテによる肉筆画というのが2枚だけあります。ヴィラム(子牛の皮を加工したもの)に描かれた原画なのですが、色合いが何とも言えない透明感があって、私は好きです。

ルドゥーテは、本当にバラを愛していたのか、よく観察していた人で、一枚一枚の絵の構図も素人の私でもよく描かれているなと思います。

ちなみに、植物画というのは、その植物の最高に健康で美しい姿を描くものです。

私は、2年くらい前から、独学で絵を描くようになったのですが、ルドゥーテのバラは憧れです。いつかあんな風に描けたら良いなと思います。

 

 

Les Roses バラ図譜 【普及版】

Les Roses バラ図譜 【普及版】

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.