nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

過去は変わるのか?-未来から過去への問いかけ

f:id:natureangel:20170115092211j:plain

nature-angelです。

 

昨日の記事の続きです。

 

www.nature-angel.com

 

すっかり、大事なことを書き忘れてました...(TT

でも、せっかくなので別記事で書きます!

 

 

 

未来から過去への問いかけ

 

デニス・リンさんのオンライン講座『自分の過去世を理解する方法』の中で、びっくりしたことがありました。

 

それは、未来から過去への問いかけができるということ。

 

どういうことかというと、

デニス・リンさん自身の幼い時の記憶の中にあったことが、実は、大人になった自分が関与していたというものです。

この書き方でわかるかな?

 

具体的に言うと、

幼い頃、両親がけんかをして、彼女は家を飛び出し、すごく落ち込んでいた。

すると、何か気配を感じた。その後から、気持ちが落ち着いた。

・・・

大人になり、瞑想中、幼い自分のその落ち込んでいた時に慰めに行った。

そして、幼い頃の記憶の中にあったあの”気配”は、自分であったと気がついた。

 

どうでしょうか? 大体、どのような状況かわかりましたでしょうか?

実際の文章はもっと上手い表現となっております^^

(引用せずに自分の言葉でまとめてみたので、詳しいことを知りたい人は講座か書籍を読んでね)

 

私、すごく驚いたんです!

(デニス・リンさんご自身もすごく驚いたようです)

過去の自分に影響を与えることができるなんて...。

すごいですよね! それができるなら。

 

 

過去は変えられる?

 

「過去は変えられない」

よく聞きます。

ずっと、そう思ってました。

何も疑わずに...。

 

「でも、本当にそうなんだろうか?」

デニス・リンさんの話を読んでから、考えました。

 

私たちの現在、住んでいる世界は、三次元です。

アナログ的に描けるのは、二次元です。

では、未来は? 過去は? 宇宙は?精神は? 思考は? 何次元???

 

私たちの観念の中に過去や未来はあります。

でも、実際、リアルに物質的に感じられるのは、今、この瞬間だけです。

一分でも一秒でも過去や未来の物質的事実は得られないと思うんです。

どうですか?

物を感じている自分。

それは、”いま”だけだと思いませんか?

 

過去についての確実な資料は、写真や映像で撮られたものだけ。

記憶というものもあるけれど、物質的ではない。

それは、どこにあるものか?

 

次元が違うんだと思うんです。

 

少なくとも、二次元、三次元ではない。

 

「他の次元にあるものにアクセスしている」

 

そう考えると私の内的思考は落ち着きます。

 

『ドラえもん』って、マンガありますよね。

四次元ポケットとか、タイムマシンで行く場面を見たことあると思うんですけど、

二次元や三次元じゃないですよね。

 

あの発想はどこから来たのか?

誰にもわからない。

本当か? 嘘か?

誰にもわからない。

 

でも、なぜ、違和感なく、みんなあのマンガ見れているんでしょうか。

逆に楽しんでいますよね。

 

そういうところからすると、心のどこかで

「全くの嘘ではない」

と、みんな感じているのではないのでしょうか。

 

 

近未来映画に見る未来から過去への問いかけ

 

私は、マーベル映画が好きで、よく観るんですが、

マーベル映画の中でも、未来から過去へ問いかけるものありました!

 

『X-MEN : フューチャー&パスト』です。

 

X-MEN:フューチャー&パスト [Blu-ray]

X-MEN:フューチャー&パスト [Blu-ray]

 

 

未来にいる人たちが困った状況になり、過去を変えようとする内容です。

 

マーベルじゃないけど、これもそうですよね。

 

ターミネーター:新起動/ジェニシス [Blu-ray]

ターミネーター:新起動/ジェニシス [Blu-ray]

 

 

映画『ターミネーター』シリーズは、ずっとそうですよね。

未来の人が過去へ来て、多大な影響を及ぼしているという...。

 

どうして、このような内容の映画が存在するのか?

 

私的には、「リアルでもありえる」からなのだと思うのです。

 

「人の発想から物事は発明される」

 

大きな発明も、ちょっとした一人の人の発想、発案から。

人って、全く可能性の無いことは考えられないんだと思うんですよね。

逆に、「発想できるものには可能性がある」ということ。

そして、「今、この時代にこれらの映画がつくられるということにも意味がある」ということだと思います。

 

 

過去にも、未来にも、希望を

 

それで、結局、「どうしたらいいの?」ってことですよね。

 

やはり、「希望を持つこと」が重要なのだと思います。前向きに。過去も未来も。

 

「過去は変えられない」って思ったら、後ろ向きな気持ちになりがちかなと思うけど、

「過去も変えられる」と思ったら、前向きな感じしてきませんか?

そういうことなんだと思います。エネルギーの流れって。

使う言葉ひとつで変わってくる。

 

”言葉”って重要だと思います。

”言葉使い”で人は嫌な気分にもなるし、動かせることもある。

”言葉”って、強力なエネルギーの一つの形なんだと思います。

言霊とか言いますよね。呪文とか。

 

最近、アファメーションのワークをやっていますが、本当にそんな感じがします。

言葉のエネルギーって、大きい。

言葉って、紙の上など二次元でリアル表現できるツールでありながら、抽象、思考も現せるという、すぐれもの。

これを有効利用しない手はない。

 

自分が前向き、後ろ向きに関わらず、言葉は前向きなものを使ってくださいね。

 

 

過去に問いかけるワーク

 

これは、イメージングかなと思います。

 

過去や未来は、四次元以上のものだと思うので、問いかけ方もそのレベルであった方が良いでしょう。

イメージ、想像の世界は、二次元、三次元とは異なり、固定されたものではありません。しかし、その世界はやはり存在しており、そこは四次元以上のものである、もしくはリアルとは全く異なる世界。過去も未来も混在した、リアルな私たちの住んでいる世界とは全く異なる場所。

そのような場所でも想像はできます。

 

もちろん、デニス・リンさんのように瞑想の中で過去の自分に問いかけるのも良いと思います。

でも、もっと簡単に、過去の自分の記憶から、その時の自分を想像して、

「安心して!大丈夫!」

と言うだけでも良いと思います。

 

また、過去に嫌なことをされた人に対して、

「私はあなたを許します」

と言うのもありかなと思います。

 

「許さない」と思うことは、自分をひもで縛りあげているようなエネルギーの状態なんじゃないかな。解き放ちましょうね。他人も。自分も。

 

結局、過去のことも未来のことも人も物も、全てエネルギーの流れかも。

わずかでもエネルギーが変化することは、全てに影響するのかもしれません。

だから、言葉なり、行動なり、思考なり、感情なり、

”動く”ことなら何でも影響あるのかもしれません。

 

あと、”意識”も大切ですよね。意識的になるということ。

意識はエネルギーの流れを誘導しているのかもしれませんね。

シンクロニシティ、夢の実現、引き寄せの法則...。

 

どうせなら、良いこと考えましょう!

 

 

おわりに

 

全てはエネルギーの流れ。

 

『マトリックス』って映画見たことありますか?

”0”と”1”の仮想世界の場面わかりますか?

ああいうイメージに近いかもしれません。

全てを先入観無く見る”0”と”1”だけの無機的な世界。

 そういう風に何でも先入観無しに見れたら良いな。

 ついでに、空も飛べたらいいです^^

 

では!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 

人気ブログランキングへ 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.