nature-angel’s diary

オラクルカードリーディング、メッセージをお届けします

海王星と冥王星のエネルギー~ドラッグと破滅

f:id:natureangel:20170102113414j:plain

 

nature-angelです。

 

前の記事で、占星術的なアウタープラネット(天王星、海王星、冥王星)のエネルギーを感じ始めていることを少しだけ書き、天王星のエネルギーについても触れました。

今回は、海王星と冥王星のエネルギーについて、私の感じていることを書きたいと思います。

 

www.nature-angel.com

 

 

 

海王星のエネルギー

~『ゲド戦記』より、ドラッグにより廃人化した人たちのイメージ

 

十年くらい前のこと。

ふと、見かけて、読んだ『ゲド戦記』。

 この時、三巻までで、映画はまだ制作されていなかったと思います。

 

影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)

影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)

  • 作者: アーシュラ・K.ル=グウィン,ルース・ロビンス,Ursula K. Le Guin,清水真砂子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2009/01/16
  • メディア: 単行本
  • 購入: 6人 クリック: 27回
  • この商品を含むブログ (29件) を見る
 

 

この本の中に出てきたある場面が私の頭の中にイメージとして強く焼き付いています。

詳細は覚えていませんが、ゲドが旅している中で見かけたある人たちの様子。

それは、路地裏で過ごす、麻薬(ドラッグ)中毒のほとんど廃人化した人たちの様子。

 

現代でも、麻薬を使用し、中毒となり、麻薬を止められない人たちのニュースがますます明るみに出て来ています。

麻薬は幻影と陶酔をもたらしますが、それは一時的なもの。永遠ではありません。

なぜ、人々は中毒になるほどに麻薬やアルコールを追い求めるのか?

なぜ、幻に酔いしれるのか?

 

この領域が”海王星”のエネルギーの領域なのだと私は思います。

”ポケモンGO”への耽溺も、海王星のエネルギーと関係していると思います。

土星のエネルギーを感じ始める辺りから、私たちはスピリチュアルな宇宙の世界に気づき始めます。しかし、スピリチュアルな宇宙、すなわち精神世界は物理的世界とは全く次元が違います。

そのため、精神世界の倫理観をある程度培い、持っていなければ道に迷う可能性があります。精神世界にもいろいろな住人(エネルギー)が居て、見分けて行かなければなりません。

これらのことを土星のエネルギーを超えるまでに学び取らなければ、”誘惑”に負けてしまうことがあり、幻影を追い求めることになるのだと私は思います。

 

海王星のエネルギーは、スピリチュアルな宇宙の光景、ビジョンを送ってきます。

それは素晴らしく、クリエイティブなエネルギーやビジョンです。

クリエイティブな仕事についている人、アーティストやダンサーなど、人々の想像を超える作品を作る人たちは、海王星のエネルギーにアクセスしていると言えるでしょう。

そして、無限の宇宙から発せられる、無限のクリエイティビティを多くの人たちにインスパイアします。

草間彌生さんは、海王星のエネルギーにダイレクトにアクセスしている代表的なアーティストなのだと思います。

 

 

冥王星のエネルギー

~魔王と破滅ー最後の難関

 

アニメやゲームでよく出てくる最大の敵、最終ボス。

冥王、魔王、破壊王などとよく名付けられていませんか?

これは、そのまま、冥王星のエネルギーを表していると思います。

興味深いですね。

人間は皆、宇宙のエネルギーを無意識ながら感じているのだろうと思います。

その人たちが、それが宇宙のエネルギーと認識できるかどうかにかかわらず。

 

冥王星のエネルギーは、恐怖を駆り立てます。

コントロールできない事態に対して、自分ではどうにもできないという思い。

あるいは、自我、エゴ。

自分が全てであるという考え。

他の人はどうでもいい。

世のため、人のためと言いつつ、自分のため。

正義を振りかざす悪魔。

 

自分で全てをコントロールしたいと思いながら、恐怖にコントロールされている現実。

止まらない思考。

他人に自分を良く見てもらいたい願望。

称賛してもらいたい、注目してほしい...愛されたい欲求。

 

コントロールできないけれど、本当はコントロール可能なはずの自分の内面の世界。

限られた身体の中にある無限の宇宙。

 

全てを破壊してしまいそうなくらい恐ろしく強大なパワー。

 

でも、アニメやゲームや映画では、たいてい正義が勝ちますよね。

ラスボスが破れ、光があふれる、愛が降り注ぐ、平和がやって来る、みたいな。

本当にそういう感じなんだと思います。

 

冥王星は、「死と再生」、「究極の破壊力」を表します。

 

ここで、物事の二面性を考えてみましょう。

 

「死と再生」~死が再生を表す。生と死は表裏一体。

物事の終わりがあれば始まりの可能性が出て来ます。

「究極の破壊力」もそうですよね。

「究極の破壊力」とは全てを壊滅的に壊す破壊力。

そうなれば、壊されたものは元に戻ることは無く、新しいものが生まれるしかない。

 

例えば、恐怖と愛。

全く異質だと思うことが実は同じものを表していたということもありえます。

それが宇宙の本質なのかもしれません。

見る角度が異なると、同じものとは思えない。

 

冥王星のエネルギーは、その宇宙の本質をつかむためのプロセスを促すのだと私は思います。

コントロールを手放すことを学ぶプロセス。

それが冥王星の望むこと。

恐怖は、恐怖であって恐怖ではない。

恐怖にエネルギーを注ぐほど、恐怖は強大なエネルギーになって行く。

逆に、愛にエネルギーを注げば注ぐほど、愛のエネルギーが広がって行く。

しかも、愛より強いエネルギーは存在しない。

なぜなら、宇宙は愛だから。

 

ちなみに、冥王星の象徴は、死と再生の象徴、炎の不死鳥 フェニックスです。

 

 

天王星、海王星、冥王星のエネルギーの存在の仕方

 

土星のエネルギーにアクセスし始め、アウタープラネット~天王星、海王星、冥王星の領域に入って行くと、太陽から土星までの7つの惑星とはかなり異なる次元に突入するのだと思います。

 

どういうことかと言うと、次元が全く違う。

3次元から5次元、あるいは無限になってしまうような。

しかも、天王星、海王星、冥王星、それぞれの次元も異なっているのではないかと思います。

だから、天王星、海王星、冥王星のエネルギーは、それぞれ断続的だったり、異次元で同時だったり、混在しているような印象があります。

 

また、全ての惑星のエネルギーは、リアルな社会現象として出現している、私は最近そう思うようになりました。

特に流行っている物事はその時代と惑星のエネルギー、すなわち宇宙のエネルギーの影響を見て取れます。

 

私はテレビを見ないので、時々YouTubeで流行りものを見たりするのですが、驚いたのは、RADIO FISH のPERFECT HUMANです。

 お笑いなのにお笑いではない、今までにないパフォーマンス、ダンス。不思議な感じ。

海王星のエネルギーを感じさせます。

海王星のエネルギーとアクセスすると、お笑いのネタさえ、クリエイティブになってしまう。

さらに驚いたのは、歌詞の内容。

「彼が法である」「真の支配者」「恐れるな、おののくな」「その血と魂をささげろ」

冥王星のセリフです。”コントロールを明け渡せ”

そして、”PERFECT HUMAN”

”あなたは、そのままで、ありのままで完璧な存在である”

スピリチュアルなワークでよく出てくる言葉。宇宙からのメッセージ。

 

 

表舞台に出てくる世の中の出来事に、

裏舞台で私は宇宙のエネルギーを感じています  (^^)

 

みなさんも宇宙のエネルギーを感じてみてくださいね。

 

今日はここまで。

良い一日を!

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.