nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

大雑把(射手座)VS 細かいこだわり(乙女座)= バランス(天秤座)

 

天使

これは、自分のことです。

 

私のバースチャートによれば、月星座が射手座、水星が乙女座、金星と木星が天秤座。

 

性格は、とても楽観的で大雑把な所がある。これは射手座の性質だと思う。

分析好きで細かいところがある。これは乙女座の性質だと思われる。

 

ちょっと待って、大雑把で細かいって。。。

そりゃ、生き辛いよね。

でも、確かに、思い当たること大ありだ。

 

大雑把なところはちょっとサバサバした性格に出ている。男っぽいというものか。

「そんなん、細かい所はいいんじゃね?」と思うところがある。

その一方で、家事などをやっていても、マニュアルができそうなくらい分析的で細かい所にこだわりがちな面もある。最近は細かくなり過ぎないように気をつけているが。

 

例えば、掃除。

まずはホコリのたまりやすい場所を調査する。

毎日、やる期間と数日、やらない期間を比較。

さらに、一日おきに掃除をしてホコリの具合を比較する。

また、掃除のし易さ、大変さも比較。

 

ちなみに、私の結論としては、ホコリは端にたまり、掃除はさっと簡単に毎日やる方が労力が少ないと見た。基本的に汚れは軽いうちにやっつけた方が労力が少ないと感じる。すんごい汚れはなかなか落ちない。軽い汚れはすぐ落ちる。

 

ホコリは少しずつ毎日出現する。ホコリをためると、ホコリはかなり手の届かないところにまで侵入してしまう。その手の届きづらい端の端の方のホコリの除去の手間を考えると、毎日、少しでも良いからホコリを取った方が楽。

ホコリがたまる前に掃除しておくと、ホコリは端の方へ行かない。行けるほど無い。

 

こんな感じだ。どうだろう?

細かいというより、分析的か?

細かいことの例とすれば、食器の置き方、洗った後の積み方か。

食器を定位置に置くのはもちろん、洗った食器は水切れが最大になることを考えて積んだりする。

食器のすすぎも水の出し方(量)も最も効率の良い最小限で済まそうと努力する。

 

でも、そんなことをやっていると、そういう所に余計にエネルギー注ぐことになるし、他の人が家事し辛いと思うので、今は特にやばいことにならない限り「まあ、いいや」と思うことにして細かいことは気にしないようにしている。

それで、人間としてバランス取れるようになってきたようにも感じる。

 

人に対してもそうだ。

人の欠点、できない所を細かく指摘して攻撃することもあったけど、今は「まあ、そういうこともあるよね」で済ませられるようにもなったし、良い部分も見出せるようになってきたというものだ。

 

大雑把と細かさの間で振り回され、悩まされ、ここまで来たが、最近、バランスを取ることに意識的になってこれたのは、自分としては良かったと思う。

 

大したこと無ければ、小さなことは気にしない。

ここぞという時に、真理の探究、小さなことから大切なことが見い出せるのなら、分析的、細かさも良いものだと今は思う。

 

金星は人との関わり、つながり、木星は拡張、成長の星。

「バランスを取る」ことは天秤座のエネルギー。

大きなギャップから、バランスを取ることの難しさはあるけれど「気持ちいいね、バランス取るって」そんな感じしてきた。

 

ジャッジ(審判)を超えてのバランス(調和)。

天秤は、計るだけのものじゃない。

 

大雑把(射手座)があって、細かいこだわり(乙女座)があって。

どれも自分の中にある。

一見、異なる性質でも共同できるものかもと思えるこの頃。

むしろ、全く異なる性質の方が何か違うもの、新しいものが生み出せるのかもしれない。

 

あらゆる性質が共存する宇宙に感謝。

バランスという言葉に感謝。

それに気づいた自分に勲章あげたい。

 

 

 

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.