nature-angel’s diary

オラクルカードリーディング、メッセージをお届けします

松村潔さんの『月星座 占星術入門』を読んでみた感想!

nature-angelです。

 

松村潔さんの『月星座 占星術入門』を読んでみたので、その感想です。

 

 

 

どうして読んだのか?

 

最近、月星座、月の満ち欠けに沿った体調管理など、多くの人が”月”に注目し始めているように感じます。

 

私もブログで”月”にからんだ記事を書いていますが、「”月”ってなかなか深いな!」と思います。

 

そこで、”月”をより身近により深く知るために選んだ本がこちら『月星座 占星術入門』でした。

まずは、基礎固めをしっかりとしておこうと思って。

”月”のこと、知ってるようで、よく知らないような気がしたんですよね。

 

 

ちなみに最近購入したKeikoさんの『お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ』という本も月星座に関するものです。

 

お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ Keiko的Lunalogy

www.nature-angel.com

 

 この本『月星座 占星術入門』は、「月星座の日本初の本格的解説書」(初版 2012年)となっており、著者の松村潔さんは同時期から『ムーン・ダイアリー』なるものを毎年出しています。

(『ムーン・ダイアリー』も興味ある!でも、今年はKeikoさんの『月星座ダイアリー』があるので、来年以降に考えてみようかな)

 

 

本の内容

 

順に内容を要約してみると、こんな感じです。

  • 自分の月星座の見つけ方
  • 月の不思議な力について
  • 各月星座についての解説(性格と心の動き)
  • トランシットの月についての解説
  • 月と惑星のアスペクトについて
  • リリス、ドラゴンテイル、ドラゴンヘッドについて

 

巻末に「誕生月星座表」が載っているので、これを使って月星座を調べます。

 

「トランシットの月」は、その日の”月”が滞在する星座のことで、どのようなエネルギーになるのかということを解説しています。

 

「月と惑星のアスペクト」は、月と惑星との位置関係で、特定の角度(0・90・120・180度)にある時の影響力について解説しています。

 

「リリス」は、月が地球の周りを回る軌道上で地球から最も遠く離れている地点です。

誕生日におけるリリスの星座についての説明があります。

 

「ドラゴンテイル」は「サウス・ノード」(白道が北から南へ下降して黄道に交わる点)、「ドラゴンヘッド」は「ノース・ノード」(白道が南から北へ上昇して黄道に交わる点)です。

*白道:月の通り道

*黄道:太陽の通り道

 

 

感想

 

”占星術入門”ということですが、占星術 初心者にとっては、結構、読み応えがあるのではないかな、と思いました。

アスペクト、リリス、ドラゴンヘッド、ドラゴンテイルが出てくるので。

私もアスペクトとリリスの部分は繰り返し読もうかなと思っています。

 

でも、星座別の解説は星座の基本的な特性を踏まえ、とても具体的な内容でわかりやすいという印象です。

 

本書があれば、『ムーン・ダイアリー』も徹底活用できるそうです!

 

本の中で私が一番印象に残ったのは「昔の日本人は月はおもちに似ていると考えていた」ということ。

おもしろいですよね!

松村さんが書く余談的なことも見逃せない!という感じです。

 

占星術に関しては、基本的なことは一緒ですが、ニュアンス的なことは人によっていろいろな解釈ができるので、いろいろな人の本を読むのも楽しいかもしれないなと思いました。

 

 

おわりに

 

改めて、月星座って重要だな~と思いました。

前世の記憶を司るのも月と月星座です。

より多くの方に月星座を意識して頂きたいなと思います。

 

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.