nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

麻の服を購入したのでお披露目!肌に良い自然素材のリネン(麻)の服は洗濯しても乾きやすい

nature-angelです。

私の好きな服は、自然素材の布の服です。その中でも、特に大好きなのは、麻(リネン)の服なんです。先日、フェリシモ(通販でいま一番好きな所です)でワンピースを購入して、思ったよりも良かったので、お披露目しようかなと思います。

 

 

麻が入っていると乾きが速い

麻の布は、濡れると強度が増す上に、洗濯して濡れても乾くのが早いんですよ!少なくとも、綿100%のものよりは乾くのが速いです。家の中に干していても、朝干して、どんなに遅くても夕方にはたいてい乾いてしまいます(北海道以外はわかりません)。綿が半分以上混じっていても、やっぱり、綿100%よりは速く乾きます。抗菌性にも優れているそうですよ!そういえば、生乾きになってくさくなったこと無いかも。

 

ヘンプ繊維には微細な穴が無数にある(多孔構造)ため、水分をすばやく吸い上げ、拡散し、水分の蒸発を促進します。

抗菌性、制菌性に優れ、臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぎ、臭いの元を撲滅します。汗によるいやな臭いを発生する菌は
「アンモニア」「酢酸」「イソ吉草酸」に分けられますが、そのいずれも消臭します。

asafuku.jp

(余談:前に悪臭の分析を少ししていたことがあって、イソ吉草酸とか懐かしい。悪臭濃度の分析をするには高濃度の単体のイソ吉草酸などの液体を使うんだけど、 くさい臭いも高濃度になると、不快というより嗅いだらびっくりする感じ。ある程度の濃度に薄まらないと不快とは感じられないんです。)

 

麻をググると?

麻といっても、色々な種類があるみたいですね。麻と言えば、大麻が有名です。もう少し前から、ヘンプはエコ素材として注目され始めました。種から油を取ってバイオ燃料にしたり、葉は飼料に、茎は紐や糸など、いろいろな用途に使える上、成長が早いことから、環境負荷の低い「環境にやさしい素材」ともいわれています。

麻は古い時代から人間に使われていました。魔除けとしての役割もあるようです。神社・仏閣で紐や縄が使用されています。伊勢神宮の神札の「神宮大麻」や、神社で大麻(おおぬさ)って呼ばれる、棒に白いわさわさした白いのがついてる道具(神主さんが振る棒なんだけど、わからなかったら、画像を調べてみてね)も、麻の素材が使われています。ちなみに、七味唐辛子の中の黒い種は麻の実です。

 

麻の服と化繊の服

私は、敏感肌なので、化繊を直接、肌につけていると何ともいえない不愉快な感じになってきます。それに、これから寒くなる時期、ポリエステルの服を着ていると、何故か寒気がしてきたりするんです。

でも、麻の入っている布は特別に気持ちよく感じるんです。温かい感じがします(夏は涼しいんですよ)。シャリ感というか、綿より少し硬い感じが好きです。

 

ヘンプ繊維には微細な穴が無数にある(多孔構造)ため、...

「多孔構造」ってことは、空気をたくさん含むってことだから、やっぱり、保温効果もありますよね! 

 

それに、守られているような感じもします。私の肌は薄いのもあって、「服は、第二の肌なんじゃないかな」って思うんです。人間にとって大切なのは「衣食住」っていうけど、本当に、「着る服は重要だ」と私は思います。天使のワークで有名なドリーン・バーチューさんも「劣悪な労働環境で作られた服」は着ない方が良いと、エネルギーの観点からアドバイスされていました。

 

麻の服をお披露目

実は、十年くらい前の私は断捨離魔だったので、いまでいうとミニマリストでした。

でも、断捨離しすぎて、逆に生活しづらくなったりして...。やっぱり、何でも適度が良いですね。

というわけで、そんなにたくさんはありませんが、私の麻の服をお披露目します。秋冬バージョンです。

 

f:id:natureangel:20161011090216j:plain

しわがあったりして、見栄えが良くないけど、素材感はわかるかな?

色とか、素朴な感じが好きなんですよね。

( 洋服の撮影って、やってみたら、きれいに写すのは大変ですね。)

 

f:id:natureangel:20161011090256j:plain

これは、Aラインになっていて、ぎりぎりおしりが隠れる丈で着やすいです。

 

f:id:natureangel:20161011090338j:plain

花柄もあるんです。チュニックです。グレーにときどき水色の花があるところがお気に入りです。

 

f:id:natureangel:20161011090408j:plain

これです!今回、購入したワンピース!

北欧のフィンランドのテキスタイルブランド「フィレイソン」の柄なんです。

柄がだ円で、「服にして着たら、どんなことになるんだ?」って、ちょっと不安だったんですが、着てみたら、結構、いい感じでお気に入りになりました。

 

 

f:id:natureangel:20161011090445j:plain

これは、綿のトレーナーなんですけど、すごいお気に入りなので、載せました。

なんと!「アンデスの綿」なんです!

すごい、ざっくり感があって暖かい。いまも着ています。

 

アスペロ綿と呼ばれるなんとも個性的な綿を紡いだ糸が使われています。アスペロ綿はペルーのアンデス高地で栽培されている綿で、「世界で一番繊維の短い綿」と言われるほどの短繊維。短くて太くて張り感のある繊維質は獣毛に近く、まるでウールのような風合いを楽しめます。

www.felissimo.co.jp

 

 

f:id:natureangel:20161011094006j:plain

これは、おまけです。左下に写っているのが、麻の糸で作ったミサンガです。私(の友達)の石やクリスタルも一緒に写っています。(ミサンガより多いですね。)下に敷いている布はリネンです。私は、麻の糸でときどきミサンガを作るのが大好きなんです。麻の糸を触っているのが気持ちいい。でも、すっぱい匂いがする...。

 

最後に

どうでしたか?

服の写真撮影が下手ですいません...。でも、麻の服の感じは伝わったかな?

自分の服を見せるのは、ちょっと恥ずかしかったけど、麻の服はおすすめです。

ぜひ、一度は着てみてくださいね。

 

 

 

 


それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

Copyright © nature-angel,all rights reserved.