nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

健康でいるために大切だと思うこと

 

f:id:natureangel:20170720082405j:plain

私が健康でいるために大切だと思うことは、今のところ、二つ。

それは「自分の心の声によく耳を傾けること」と、

「思いついたら、とにかくやってみること」だ。

 

 

健康オタク

 

私は健康オタクと言われても仕方がないほど、いろいろ試してきた方だと思う。

なぜなら、病気ではないけれど、体調が悪いといつも感じていたからだ。

病院へ行っても「特別悪いというほどではない」と言われるばかりだから、試したことと言えば、主に代替療法、自然療法と呼ばれる分野。だが、体を動かすことにも興味を持ってきた。

十数年前のチベット体操とヨガのポーズから始まって、モムチャンダイエットや菊池体操、リンパ体操、背骨を整える体操、バレエ体操など、いろいろやってみたが、今は散歩が中心となっている。

なぜなら、散歩は無理なく、体を動かせて、どこでもできる。気分転換にもなる。

ちなみに若い頃は陸上競技をやっていたこともあるし、サプリメントやダイエット食にも手を出した。化粧品やボディケアのためのクリームなどもある程度は試した。

ミネラルウォーターも飲んでいたし、ジムにも通ったこともある。

とにかく、思いついて、可能なことは何でもやった。心のままに。

 

それで、良かったと思う。内容は別として。

 

今考えると

 

今、考えると何をどうしていたのか?ということが最重要ではなく、感じて思ったことを実際にやってみたことが良かった。

どんなことにも長所と短所はあるし、毒さえも適量ならば薬になる。

逆に良く無いことと言えば「あれは悪いもの」という決めつけと思い込みだと思う。

 

だから、良いと思ったら、いろいろ試してみてほしい。

かと言って、やり過ぎは良くないが。

そして、心の声を聞いてほしい。

 

それが、単純だけど、今は最善と思われる。

なぜなら、健康も好みも常識もいつも流動的で変化しているからだ。

 

自分の感性

 

その時の自分の中の素直な気持ちと体の具合。

感じる気持ちと身体の心地良さ。

それは、誰にどう見られるとか、見栄えがいいとか言うのじゃなくて、

自然に感じる本当の自分の気持ち。

 

そういう感性は、頭でごちゃごちゃ考えることとは異なる次元。

無意識の領域。

理屈じゃなくて。

 

もちろん、物理的な身体の機能や食物の栄養についての基礎的な知識はためになる。

ケガや病気への常識的な対応も必要だし、迷信的なことはするべきじゃないと思う。

その上で、自分自身の感性を大切にしたいと思う。

自分の気持ちに素直でいれば、後悔することも無いだろう。

結局、自分の人生をどう生きるのか?という問題に直面するのかもしれない。

 

病気になる時というのは、人生の岐路であることもあるらしい。

生き方や考え方を変えたことで、なぜか、病気が治ってしまったという話も聞いたことがある。

「エネルギーは思考に従う」というスピリチュアルな教えもある。

この世の中には理屈では理解できないことも多い。

とにかく「あの時、ああすれば良かった」という後悔が無いように一日一日を意識的に過ごしたいと私は思う。

それと、他人と自分を比べがちだが、「自分は自分」ということも大切にしたい。

偉そうなこと言ってるけど、実際は中途半端なへなちょこかもしれないけどね。

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.