nature-angel’s diary

オラクルカードリーディング、メッセージをお届けします

いろいろな味を摂ることで食事のバランスを取るのもいい

薬膳

nature-angelです。

 

私が食事を摂る時に気をつけているポイントの一つに「いろいろな味を摂る」ということがあります。

これは、薬膳における五味、アーユルヴェーダにおける6つの味の特性から考慮していることです。

そのことについて簡単にご紹介しますね。

 

 

薬膳における五味とは

 

「酸・苦・甘・辛・かん」の五つの味のことです。

以下にそれぞれの味の持つ特性を簡単にまとめました。

 

  • 酸(酸っぱい味):引き締め効果
  • 苦:苦い味:過剰な熱や毒を除き、炎症を鎮める
  • 甘:甘い味:滋養強壮、緊張をほぐす、消化を良くする
  • 辛:辛い味:体を温める、気や血の巡りを良くする、発汗
  • かん:ミネラル分を含むしょっぱい味:硬くなったものをやわらげ、お通じを良くする

 

そして、具体的な食材は以下のようなもの

 

酸:レモン、梅、酢、トマト、いちご、ローズヒップなど

苦:緑茶、レタス、ごぼう、コーヒー、ゴーヤなど

甘:はちみつ、米、かぼちゃ、さつまいも、牛乳、バナナなど

辛:しょうが、ねぎ、ニラ、こしょう、唐辛子、しそ、玉ねぎなど

かん:昆布、みそ、しょうゆ、えび、いか、あさり、かき、豚肉など

 

味で分けて考えると、結構、わかりやすいな~と私は思います。

 

 

アーユルヴェーダにおける6つの味とは

 

薬膳の5つの味プラス渋味です。

以下、6つの味と簡単なまとめ

本当の自分を取りもどすアーユルヴェーダ (GAIA BOOKS)より一部を抜粋

 

酸味

ピッタとカパを増す/アグニを刺激する/心臓と消化に良い

 

甘味

ピッタとヴァータを静める/組織を強化する

 

塩味

ピッタとカパを増す/通路や気孔の閉塞を解消する/消化を促進し唾液の流れを増す

 

辛味

ヴァータとピッタを増しカパを静める/空腹感を増し、消化が良く、味覚を改善する

 

苦味

ピッタとカパを静める/脂肪、筋肉、便、尿から水分をなくす

 

渋み

ヴァータを増す/増えたピッタとカパを静める/血液をきれいにする

 

 私としては、薬膳よりアーユルヴェーダの考え方、味の特性の方がわかりやすい。

コーヒーなんかは苦味があって、利尿作用が強いので、「水分をなくす」という表現がぴったりかな、と思う。

甘味と塩味、辛味は、薬膳(中医学)と同じな感じ。

酸味は、薬膳とちょっと違うけど、やっぱり私としてはアーユルヴェーダで言う酸味の特性の方が理解しやすい。

 

 

いろいろな味を摂るのは意外と簡単

 

普通に食事を摂っていると、結構、いろんな味のものを摂っていることに気づきます。

 

日本の煮物は、甘い味と塩味で煮つける。

野菜にかけるマヨネーズやドレッシングには、酸味がある。

辛味は、香辛料やスパイス全般。さりげなく、そばやうどんに入れる七味唐辛子、ラーメンにかけるコショウ。餃子のラー油も。餃子のたれには酸味もある。

苦味は、ゴーヤやピーマン、コーヒーなどで。レタスやレタスに近い種の野菜でも苦味がある。

渋みは、熟してないバナナ、ザクロ、ヒヨコマメなどで。

 

結構、いろいろな味、食べてますよね? 思い返してみて、どうですか?

 

 

味を意識して食事を摂る

 

味で食事のバランスを考えると、「今日はしょっぱいもの食べ過ぎたな~」とか「甘いもの食べ過ぎた」なんていう感じでわかりやすいと思うんですよね。

 

「ちょっと疲れたから、甘いもの食べよう!」というのも、味の特性からすると理にかなっています。

「下痢には煎茶」っていうのも、苦味が水分をなくすという意味で合ってる。(コーヒーはダメですけど)

 

  • 一つの味を食べ過ぎないようにする
  • 少しずつでもいろいろな味を摂るようにする

 

上の二つを意識するだけでも、良いと思います。

 

味で食べ物を選ぶのは、結構、楽しいものですよ~(少なくとも私には)

主婦的には、食材や栄養のバランスだけで毎日の食事のメニューを考えて作るのは大変です。ワンパターンになってきたりとかすると気になったり。

でも、「いろいろな味」という考え方を取り入れると、私自身はとても気が楽になった部分があるんです。

実際、いろいろな味があると、食べていて楽しいし。

家族には家族の好みや体質があるので無理強いはできないけど、同じメニューを作っておいて、最後に自分のだけ、お酢をかけるとか、スパイスをかけるなど、工夫次第でいろんな味は楽しめるものです。

 

食べ物は栄養素だけの問題でないと、最近感じるんですよね。

ぜひ、味による特性も考慮してみてほしいなと思います。

 

では!

 

 

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.