nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

フラワーエッセンスは思春期の情緒不安定にも良いかもしれない

f:id:natureangel:20170615104449j:plain

nature-angelです。

 

最近、思春期の息子が「感情的に不安定」と言うので、フラワーエッセンスを飲ませ始めました。

そのことについて。

 

 

 

事の成り行き

 

息子には体調不良にホメオパシーのレメディをなめさせることが多く、私はいつもこの本を参考にして選んでいます。

 

 最近、息子が言うには「感情的な浮き沈みが激しい」そう。

それで、息子の提案もあり、症状に合いそうなホメオパシーのレメディが無いか、上記の本を一緒に読んで探すことにしました。

読み終わって、いくつかのレメディをチェックしましたが、何だかぴったりした感じがしない様子の息子。

 

いや、ちょっと待って、感情の問題と言えば、やっぱりフラワーエッセンス!

 

よく考えてみると、思春期の頃って、成長とホルモンの関係もあって情緒不安定になりがちです。

自分も(大分前の話しになりますが)そうだったな~と思います。

私は子供の頃、結構、感情的に激しい時もあったので、あの頃フラワーエッセンスを飲んでいたら、と本当に今思う。

 

そんな訳で、今度はフラワーエッセンスの本を一緒に読んで、チェックすることにしました。

この本です。

 

 この本、よく要点がまとめられていて、わかりやすい。見開き2ページで一つのフラワーエッセンスが説明されています。

 

 

ホリーとスターオブベツレヘムを使うことに

 

現在、息子には、ハーブティーに入れて飲ませているのですが、何を使っているのかと言うと、ホリーとスターオブベツレヘムです。

上記の本で一通り、ネガティブとポジティブな性質を見てチェックして、一番ぴったりと思うものをセレクト。

 

ホリーは、怒りやマイナスな感情が出すぎて困るので。

スターオブベツレヘムは、「過去に嫌だったことを忘れたい」という思いから。

 

他にもありましたが、まずは一番困る感情の問題から対処します。

上記の二つともやはり、セカンド19の中のエッセンス。

セカンド19と呼ばれる一連のエッセンスは、日常の生活の中で発生する感情の問題に適応します。

フラワーエッセンスの効果は「玉ねぎの皮をむくように」とよく言われますが、セカンド19は一番外側の問題ですね。

 

 

おわりに

 

フラワーエッセンスは、アルコール(ビネガーの場合あり)が入っている以外は、とても気軽に使える優れもの。飲み物に入れたり、お風呂に入れたり、クリームに入れてみたり。

 もし、どうしてもよくわからない時は、ココナラでご相談を受けていますのでご利用ください。

 

では、今日も平穏無事な一日になりますように!

 

 

バッチ フラワーエッセンスの選び方をお手伝いします フラワーエッセンスでセルフケアしたい人にオススメ!

 

 

 

 関連記事

 

www.nature-angel.com

 

 

www.nature-angel.com

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.