nature-angel’s diary

オラクルカードリーディング、メッセージをお届けします

節約と消費の狭間でたどり着いた結論

f:id:natureangel:20170722140217j:plain

 

先日、『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』という本を読んだ。

 

www.nature-angel.com

 

これで頭の中が整理され、再び「第二、第三の人生をどう生きるか?」について考えている。

この本の中には、お金、貯蓄のこともたくさん書いてある。

長生きするには、やはり経済的なことも重要だろう。

 

そして、「どんな人生にしたいか?」ということ。

 

ふと、節約魂に燃えていたおよそ今から十年前の頃が思い出された。

十年前と言えば、関東から北海道へ家族で引っ越してきたその頃だ。

まさに第一のライフ・シフトを迎えた頃。

経済的な心配も出て来て、節約というものに私は燃えていた。

近くの草原の雑草の中から食べれそうな草を探したり、近くの大地を耕して野菜を自給していたり。洋服も安売りの中から良さそうなものを見つけたりしていたおかげで、安売り(バーゲン)の時期がよくわかるようになっていった。

お金が無いわけではなく、使うものには使い、使わずに済むものには使わないようにしていた。ただ、経済的に心配だった。

 

関東に住んでいる時には、貯金が増えるばかりだった。

車なしでも生活成り立つし、給料の額も北海道と比べ物にならないくらい良かったからだ。

夫婦二人だけの時は共働きだったので、特に高価なブランド物などを大量に買わなければ、何でも買えそうな勢いだった。もっとも、お金のかかる趣味などは二人とも全く持っていなかったので、かかるのは衣食住だけに等しかった。

そんな中、私は洋服や化粧品などに大半のお金を使っていたが、そういうお金の使い方に対して、何不自由ない経済的な状態でも、どこか満たされない気持ちを持っていた。

結婚して二人の生活はとても楽しかったけれど、自分の人生と生きがいについては、今ほど考えていなかったかもしれない。

 

そのあと、息子が生まれて数年後、いろいろあって、北海道へ引っ越した。

 

息子が生まれて私は変わった。

前より、強く、たくましくなった。忍耐力にさらに磨きがかかった。

そして、徐々に自分の内面へ意識は向かった。

良い方へ行ったと思う。息子に感謝。それにいつも支えてくれる夫に感謝。

 

そして、今。

 

経済的なことを考えると、節約ばかりの生活は嫌だ。かと言って、贅沢は必要ないと思う。何でも適度でありたい。

自然のもの、自然に優しい素材、玄米菜食や有機野菜などにこだわりのある時期もあった。

もちろん、今も自然に優しいものは人の体にも優しいと思うし、良いと思う。

でも、考え方や視点を変えれば「どれが一番か?」なんて、私には判断つかないというのが本音。

「誰かを称賛しながら誰かを否定する」

「一つのことに対して、良い悪いを決める」

それが好ましいことと思えないというのが本音。

どうやら、私にとってはバランスと調和が課題らしい。

 

そんなわけで、何でも適度というのが自分には好ましいと感じる。

 

したがって、「これからの自分の人生、どう生きたいか?」と問われれば、

適度に仕事して、適度に収入があり、適度な人間関係、家族や友人との適度なコミュニケーション、適度な趣味、適度な運動、というところか。

人生全体では、様々な面でバランス、調和が取れ、健康面では心身ともに調和がとれている状態。

でも、内容には欲があって、「自分らしさ」を大切にしたいと思っているし、そのためにはさらなる「自分らしさ」の確立も必要だと思っている。

それに、できれば、自分の得意なこと、自分の好きなことを仕事にしたい。

そして、健康で長生きしたい。

そのためには、やはり自己鍛錬も必要。

でも、それも楽しいことかな。

若い頃、あんなに嫌だった勉強やコツコツ続けることも、今ならそんなに苦労せずできるようになった。

もう少し、思うところを頑張ってみよう。

今の環境に感謝しながら。

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.