nature-angel’s diary

オラクルカードリーディング、メッセージをお届けします

頭で考えすぎて疲れた時にお絵描きで右脳を活性化しよう!

nature-angelです。

仕事や考え事をたくさんして、「頭使いすぎた」「頭で考えすぎたな」「頭が疲れている」と感じたことありませんか?

そんな時は、左脳の使いすぎかもしれません。右脳を活性化するお絵描きをして、右脳と左脳のバランスをとることをおすすめします。

 

左脳と右脳を使う時

文字や言葉を使って考えている時は、左脳を、映像や図形を見る時は右脳を使っているといわれています。

学校で勉強したり、会社で仕事をしたり、心配事や考え事をしたり、そんな時は左脳を多く使っているのだと思います。

映画を見たり、ゲームをしたり、芸術鑑賞したりする時は、右脳を使っています。また、五感を認識するのも右脳なんだそうです。

右脳と左脳を使う時をまとめると以下の通りです。

  • 左脳 ~ 文字・言葉、論理的思考
  • 右脳 ~ 映像・図形、知覚と感性

 

右脳を使ってお絵描き

私が右脳を使うことに意識的になったのは、2~3年前で、突然、思いついて「絵を描こう!」と思った時に購入したのがこの本です。

 

決定版 脳の右側で描け

決定版 脳の右側で描け

 

 

 この本を読みながら、絵を描き始めました。それが、すごくおもしろい体験だったんです。右脳を使うのって、こういう感じなのか!とすごく実感したんです。

例えば、左脳を働かせずに、右脳を使って絵を描くやり方というのがあります。それは、上下反対にしたものを描くというものです。

こんな感じで、お手本が逆さまです。

 

f:id:natureangel:20161009102455j:plain

 

これ、実際やってみるとわかるんですけど、上下反対になっただけで、本当に頭でごちゃごちゃ考えず(左脳を働かせず)に線だけを見て、そのままありのままに(右脳を働かせて)描けるんですよ。上下反対にして見ると、論理的思考は認識できないらしく、思考をストップさせてしまうということらしいです。

ぜひ、やってみてくださいね。左脳と右脳を実感できると思います。

 

右脳を使うのは健康につながる

実は、私が絵を描こうと思ったのは「右脳を使った方が良いな」と思ったことに由来します。どうして、右脳を使った方が良いと思ったかというと、私は工学部出身で化学的な分析系の仕事をいくらかした後、数年前にしていたのは何と簿記と経理だったんです。左脳を使う事ばかりしていたんですね。おまけに体調も悪くなっていきました。疲れていたのもあると思うけど、やっぱり、左脳使うことばかりじゃなくて、右脳を使うこともしなきゃ、バランス悪い状態になるんだと思います。

絵を描き始めると時間も忘れて夢中になって、その状態がすごく良かったと今になって思います。瞑想と同じような効果あるんじゃないかな。余計なことを考えず、頭の中がクリアになるというような。

普通に常識的に仕事したり、過ごしていると、左脳ばかり使ってしまうと思うんです。

だから、右脳を使うことに意識的になることは、健康につながるのではないかなと思います。

 

右脳は直観と女性性

スピリチュアル的に右脳と直観は関係しているといわれています。右脳は創造性や直観とつながっているそうです。よく、芸術家と呼ばれる人たちは「アイデアは天から降りてきた」というようなことをいいますよね。ビジネスの世界で活躍する人たちも直観を大切にしています。

また、右脳と直観は女性性と関係しています。いまの時代は女性性が大切です。男性も女性性の感性を多く持った人が活躍していますよね。假屋崎省吾さんとか三輪明宏さんとか、りゅうちぇるさんとか。イクメンが流行っていたり。

そんなこんなで、右脳を活性化することは大切だと思うのです。

 

右脳を活性化するには?

創造性を高めるという点では、絵を描くことが一番だと思うのですが、右脳を使うことであれば何でも良いのではないかなと、私は思います。具体的にはこんな感じです。五感も右脳と関連あるので、そのことも考慮すると良いと思います。

  • 映画を見る
  • ゲームをする(やりすぎに注意)
  • 芸術に触れる
  • 瞑想
  • ぬり絵
  • アロマテラピー
  • 音楽鑑賞
  • 山や海へ行く、散歩などで自然に触れるなど

重要な点は、右脳も左脳も、どちらもバランスよく使うことを意識することだと思います。意識することは大切です。

 

最後に

仕事や勉強で難しいことや頭を使い続けた時、心配事があったり、悩んでいる時は、とにかく、右脳を働かせる何かに集中して取り組んでみてください。きっと、頭がリフレッシュされますよ。でも、休養も大切なので、休める時は休んでくださいね。

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.