nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

Chop Wood まきを割る

 

f:id:natureangel:20170301090559j:plain

 

nature-angelです。

 

「Chop Wood まきを割る」とは、禅の格言です。

実は、私の持っているコレット・バロン=リードさんの『ウィズダムオラクルカード』の中にこのカードがあり、私はこのカードのおかげでこの言葉を知ることができました。

 

f:id:natureangel:20170301094606j:plain

 

このカードの基本の意味は「日常の体験に基づく・謙虚さ」となっています。

意味するところは、

「日常の生活における実用的な作業に集中する」

「日常的な作業を大切にしましょう」

ということです。

 

私は、このカードを引いた時、とても救われたような気がしました。

なぜなら、私はそのような日常的な作業、細々とした雑用のような作業を何年も毎日、コツコツとやってきたからです。しかも、それは誰にも評価されることのないようなことでもあり、表立って取沙汰されることでもないからです。家事にしても経理にしても。

でも、「それで良かったんだ!」と改めて思いました。

 

以下は、元になる禅の言葉と思われるものです。

 

「悟りの前は、薪を割り、水を汲む。悟りの後は、薪を割り、水を汲む」

Before enlightenment; chop wood, carry water. After enlightenment; chop wood, carry water.

 

このことからは、すごく、乙女座のエネルギーを感じます。真面目にコツコツと続けること。

そして、色のイメージは、マゼンタです。小さなものごとへの愛。

 

f:id:natureangel:20170102113414j:plain

 

日常の小さなものごとの中にも、宇宙の法則は現れています。

 

また、日常の細々とした雑用の作業に集中することにより、グラウンディングがなされ、心も安定します。

また、手足を動かし、作業に集中するということは、一つの瞑想です。

短時間でも毎日続けて行くということがとても重要です。

日々、進歩が感じられないようなことでも、続けるのは何かしら後に大きな力となります。

 

というか、そう信じたい^^

すごいお金になったりすると、わかりやすいのにね。

それか、すごい褒められるとか^^

地味な作業を一人でコツコツと長く続けて行くなんて大変だ!

 

でもね、そういうことをやってきて、わかったことが二つあります。

一つは、根性が鍛えられる、忍耐力がつくということ。

もう一つは、嫌な作業でも毎日、長く続けていると、嫌だと言う感情を持つことなく、体が動き、作業できるということ。

実は、私は家事が嫌だと思うところがありました。何で私ばっかり?って思ってた。

でも、そうも言ってられないから、「とにかくやる」→「考えずに作業する」ということができるようになりました。

 

習慣ですよね。

正しい習慣、良い習慣をつけるということは、とても大切です。

どうしてもやらなければならないことは、”歯磨き”のような習慣として行うことにしてしまうと楽ですよ!

 

では、今日はこの辺で。

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.