nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

先人の言葉は人生の道しるべ『超訳 ブッダの言葉 エッセンシャル版』小池龍之介さんのご紹介

nature-angelです。

言葉は、言霊。

先人の言葉は、人生の道しるべ。良い言葉は、アファメーション

 

私は、仏陀が好きです。仏陀について、詳しく知っているわけではないんですけど。

 

ただ、人間の進化に大きく貢献したんじゃないかなと思っています。

だから、そういう意味では、キリストも好きです。

 

今日は、仏陀の言葉がやさしい言葉で書かれている本

超訳 ブッダの言葉 エッセンシャル版』小池 龍之介 編訳

をご紹介いたします。

 

 

 25万部突破ベストセラーの文庫版だそうです。

 

 

 

 

昨日、購入しました

実はこの本、昨日、いつもの散歩しながら、買い物へ行き、本屋へ寄って購入しました。

前に少し見て、良いなと思っていたんですが、購入は躊躇していました。

 

もう一度、中身を少し読んで、やっぱり良さそうなので、購入しました。

 

実は、表紙のカバーがすごく素敵。

朱色のような色をしていて、その上に金色で英語の題名を印字してあり、きれいでしっかりした紙なのが、気に入った理由の一つでした。

 

 

小池龍之介さんとは?

  • お坊さんです。

1978年生まれ。山口県出身。月読寺(東京・世田谷)住職。

東京大学教養学部卒業。

 

超訳 ブッダの言葉 エッセンシャル版』のプロフィールより抜粋 

 

  • ウェブサイトがありました。こちらです。

家出空間[iede cucan]

 

見てみると、可愛い感じで手書き風の絵が描いてありました。ゆるキャラ系。

 

小池 龍之介さんは、多数の書籍を出されています。有名なのは、こちらかな。

 

考えない練習

考えない練習

 

 

 

本の内容

仏陀が生きて活躍していた時の仏陀の言葉は、弟子たちが暗記・暗唱して、それが古い経典になったそうです。

 

その経典の中から、小池 龍之介さんが気に入っているフレーズを選んで、わかりやすい言葉、あるいは言葉を足して訳したそうです。

 

かなりアレンジされているものも有るようです。

 

例えば、こちらを読んでください。

 

自分の内面に目を向ける

 

自分の内面を見つめることは、ぼんやりした意識をしゃんと覚醒させる。

「あ、今、サボって遊びたい欲望が生まれた」

「あ、今、上司への怒りが生まれた」

「おや、怒りが消えていった」

「あれ、今度は甘えが生まれたみたい」

「今は、漠然と不安になっているようだ」

こうやって意識が自分の内面に向かい、それに君がいつも気づいていられるのなら、混乱した心が整理され、明晰になる。

 

小池龍之介 編訳『超訳 ブッダの言葉 エッセンシャル版』

(ディスカバー・トゥエンティワン、2015)P104より

 

非常にわかりやすいですよね。現代風です。 (^^)

ブッダの言葉もこんな風に書いてあると、すんなり入って来そうですね。

 

「自分の内面に目を向ける」ことは、本当に大切だと思います。

私自身が思うには、結局は、人は自分のことしか変えることができないと思うのです。

 

 

私の好きな言葉

この本の中に出てくる私の好きな言葉を紹介しますね。

 

諸行無常

諸業無常、すなわち世の全てはすぐに移ろいゆく。

 

これは、宇宙の法則の基本だと思うのです。

全ては、常に変化している。

永遠に続くことは、変化し続けると言うこと。

 

 

諸法無我

諸法無我、すなわちすべてのものは、自分のものではない。

 

死んだ時のことを考えれば、理解できると思います。

財産やこの身体さえも、やがては無くなり、自分のものではなくなるということ。

 

以上、二つだけでしたが、私の好きな言葉でした。 

 

 

おわりに

 

先人の行動と残してくれた功績に感謝をしつつ、その言葉から学べると言うことは、とても幸せなことだと思います。

 

言葉は、偉大です。良い本を読むと為になることが多いですね。

 

この本は、本当に現代風なアレンジで読みやすくなっているので、よろしければ読んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

散歩の途中、こんなにダリアが美しく咲き乱れていました。

ダリア

Copyright © nature-angel,all rights reserved.