nature-angel’s diary

オラクルカードリーディング、メッセージをお届けします

月のリズムを意識して過ごす ‐7/17 牡牛座 下弦の月

月の満ち欠け

 

 月は「身体」や「感情」「無意識」と深く関わります。

月の満ち欠けを基準にして、気分や体調の変化を見ましょう。

「新月」「上弦の月」「満月」「下弦の月」の頃、月関連の記事をアップします。

 

7/17は04:26に牡羊座で下弦の月を迎えた後、月は14:04に牡牛座へ移動します。

今回は、太陽と月、牡牛座と過ごし方について

 

 

太陽と月

 

太陽は霊(スピリット)を表し、月は魂(ソウル)を表す。

太陽は陽のエネルギーを持ち、月は陰のエネルギーを持つ。

太陽は男性性のエネルギーを持ち、月は女性性のエネルギーを持つ。

意識は太陽、無意識は月に関連する。

 

太陽は自ら光り輝き、月自体は輝かず、太陽の光を反射する。

太陽と月は、同じ宇宙に存在する。

相反する性質を持つことで、お互いを補い合う。

 

光り輝く人だって、たった一人で輝けるはずがない。

その裏には、多くの人の協力や努力があるはず。

表舞台に出ない人だって、とても大切な役目をしている。

むしろ、そういう部分を担っている人の方が多い。

そして、陰のエネルギーを強く持つ、そういう人は内に強いパワーを秘めている。

 

 

下弦の月

 

暦(こよみ):月齢カレンダー、月の満ち欠けと月の呼び名(月の名前)より

 

下弦の月から新月までは、クリアな空間を作っていく期間。

実際の部屋のことから、心の中まで、いろいろなことを片づけていきましょう。

 思い切って断捨離する人もいるかもしれないし、瞑想で気分をすっきりさせたり、自分の中の気持ちの整理、選択、決断ということかもしれません。休んだり、デトックスで身体の中の余計なものを取り除くなど、自分の心に従って、自分のペースで過ごしてください。

 

牡牛座の領域

 

牡牛座は、ルーラー惑星が金星、固定宮、女性性、四元素の土のエネルギーを持つ。

 ルーラー惑星の金星は、美と愛とバランス、調和、人間関係、芸術と関連する。

 

牡牛座は、土と固定宮のため、物質的、実質的な性質が強い。

12星座の順番から考えると、始まりのエネルギーを持つ牡羊座の次の牡牛座は、形や構造を作り、始まりのエネルギーを物質界に定着させる。

 

牡牛座は感覚を大切にするサイン。

12星座の中では最も遅いが、着実に歩む強さを持つ。

 

 

牡牛座に関わる身体の領域

 

無意識は身体と深く関わり、12星座のサインは身体の各部分を司る。

牡牛座の領域は、首や喉を中心とした部分。

 

主なる居場所は首、喉、そこに関連する器官、特に甲状腺、副甲状腺と気管です。牡牛座はまた、脳の後頭部のエリア、小脳、下あご、唇、下の歯、そして耳の内部など頭部の下の部分を支配します。頸椎、軸椎(第2頸椎)と頸動脈、耳管、食道、頸静脈、口蓋、気管、咽頭、扁桃腺と生態も牡牛座が支配します。さらに中耳、頸神経、唾液腺も牡牛座に影響されます。小脳や延髄、橋といった脳のいくつかの部位にも影響があります。

メディカルアストロロジー入門―身体と心の健康を占星術で読み解く』より

 

首は頭と体をつなぐ重要な部位。

その部分にあるのが喉で、声を発するところでもある。

 声は音で、物質的でありながら、目に見えないエネルギー。

音は耳で、あるいは身体で感じる。心で感じる。

 

 

牡牛座を意識した過ごし方の例

 

牡牛座の領域に関連した過ごし方の例。

ご自分の直感に従ってアレンジしてください。

 

  • 五感を利用してリラックス
  • おいしいお食事を頂く
  • 好きな香りの植物オイルでマッサージ
  • 音楽鑑賞
  • 芸術鑑賞
  • コンサートへ行く
  • ショッピング
  • 物作り

 

 

おわりに

 

暑いです。北海道でも例年より気温が高くなっていますが、湿度も異常に高いのが今までと違う。気候の変化を感じます。

頭もぼーっとして、良い意味で余計なことを考えられない状態です。

クリアリングには最適かな。熱中症と紙一重。

みなさんも、くれぐれも熱中症には注意してください。

 

では、良い下弦の月を!

 

 


癒し・ヒーリングランキング

Copyright © nature-angel,all rights reserved.