nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

5月3日 獅子座 上弦の月の過ごし方

上弦の月

 

 nature-angelです。

 

5月3日 11:47に獅子座で上弦の月を迎えます。

上弦の月では、一度立ち止まり、新月で発信した願いを見直し、確認して、必要ならば体制を立て直します。

 

 

 

獅子座について

 

男性性、固定宮、四元素の火のエネルギーを持つ。

 

ルーラー惑星:太陽

象形:ライオン

支配部位:心臓、胸

 

獅子座の象形はライオン。

ライオンは百獣の王と言われ、プライドが高いイメージですが、獅子座が目指すところは「自分が輝くこと」。ルーラー惑星の太陽のように自ら輝ける存在になることです。

獅子座の固定宮は”自分らしさ”を確立することに関連し、外側へ向かう男性性のエネルギーは”自分らしさ”を外に表現することを示し、火のエネルギーは純粋な自分のハートからのエネルギーを表します。

 

 

獅子座 上弦の月の過ごし方

 

獅子座の性質から、上弦の月の過ごし方を提案します。

 

  •  子供のように無邪気に遊ぶ

 

獅子座は、純粋な自分のハートを大切にするサインです。

子供の頃の自分を思い出して、純粋な自分のハートは何を思っているのか、感じているのかを再確認するためにも気心の知れた友人たちと無邪気に遊んでみるのも良いでしょう。

 

  • 黄色いものに触れてみる

 

獅子座のテーマカラーは、黄色、ゴールド。

黄色は個人の意志との関連があり、獅子座のルーラー惑星の太陽を表す色でもあります。

黄色の服や小物、食べ物ではバナナやレモン、ハーブティーではカモミールがおすすめです。

 

  • 感情の高ぶりや感情的な態度に気をつける

 

獅子座の”純粋な自分のハート”を表現することがネガティブな表現となった場合、感情が高ぶりすぎたり、わがままな子供っぽい態度になってしまうかもしれないので気をつけましょう。

 

  • 自己表現する

 

自己表現していくことは獅子座の課題。

自分のことを外に表現していくことをおすすめします。

絵を描いたり、文章を書いたり、ブログを書くのも良いでしょう。

”外へ表現する”ということは、公に自分のことを表すのが最終目標になるとは思いますが、まずは自分の内側を自分の外側へ表現するということを意識してみましょう。

 

  • 外に出て、自然に触れる

 

春になり、とても良い季節です。

獅子座のルーラー惑星 太陽を思いっきり、満喫しましょう。

(熱中症には気をつけましょう)

 

 

まとめ

 

前項の箇条書きのまとめです。

 

  • 子供のように無邪気に遊ぶ
  • 黄色いものに触れてみる
  • 感情の高ぶりや感情的な態度に気をつける
  • 自己表現する
  • 外に出て、自然に触れる

 

 

おわりに

 

獅子座のテーマカラーは黄色とゴールド。

ゴールドと言うと、金(きん)やお金や宝物のイメージがあります。

これらは”価値あるもの”のことですが、本当に価値のあるものとは”純粋な自分”なのかもしれませんね。

  

では、良い上弦の月をお過ごしください!

 

 

参考

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.