nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

4月19日 山羊座 下弦の月の過ごし方

f:id:natureangel:20161120093022j:plain

 

nature-angelです。

 

4月19日 18:57に山羊座で下弦の月を迎えます。

下弦の月から新月までは、受け取ったものを手放し、空いたスペースを浄化して、新月を迎える準備をします。

 

 

 

山羊座について

 

女性性、活動宮、四元素の地のエネルギーを持つ。

 

ルーラー惑星:土星

象形:上半身が山羊、下半身が魚

支配部位:骨、膝

 

非常に活動的な山羊座は、上半身が山羊に例えられます。山羊は地面をしっかりと踏み締め、例え岩石だらけの岩山だろうと登って行きます。

下半身の魚が表すのは、無意識、深いところで宇宙意識とつながっているということ。

山羊座はとてもまじめなサインで、道徳的にも間違うことはありません。

ルーラー惑星が土星であることから、とても責任感の強いサインです。

 

 

山羊座 下弦の月の過ごし方

 

山羊座の性質から、今回の下弦の月の過ごし方を提案します。

 

  • 自分の活動の土台を整える

山羊座は、社会の基本的な構造を整え、維持することに関連します。

また、地のサインなので、現実的な考え方ができるため、ここで今一度自分の基盤(土台)とは何かを確認し、より強いものにしていくよう意識していきましょう。

 

  • 自分に合った活動スタイルや枠組みを考える

山羊座のルーラー惑星の土星は、”制限”と関連します。土台とは異なり、自分の属するグループや世界(枠組み)、あるいは活動のスタイルについて、「自分に合っているのものは何か?」ということを考えてみましょう。

 

  • 現時点で与えられている環境で発揮できる”自分らしさ”を考える

12サインの中で山羊座は、制限された枠組みの中で”自分らしさ”を追求し、”自分らしさを確信するという段階でもあります。

制限があることで理解が進むということもあるのです。

 

  • アウトドアやエクササイズを楽しむ

山羊座はとても活動的なサインです。また、今月は牡羊座の月。さらに暖かくなって、身体もより活動的になってきていることでしょう。

 有り余るエネルギーがあるならば、体内に蓄積するのではなく、発散しましょう。

外で過ごし、大地を踏みしめることはグラウンディングを促します。

(体調の悪い日や暑い日は無理せず、身体を休めてくださいね)

 

まとめ

 

前項の箇条書きのまとめです。

  • 自分の活動の土台を整える
  • 自分に合った活動スタイルや枠組みを考える
  • 現時点で与えられている環境で発揮できる”自分らしさ”を考える
  • アウトドアやエクササイズを楽しむ

*”自分らしさ”と今後の方向性が確認できたら、いらない物、古くなったものは手放しましょう。手放した後にできたスペースには新しいものが入ってきます。

 

おわりに

 

下弦の月を過ぎると新月がとても近くなり、浄化作用が進みます。

女性の体は月の作用にとても敏感です。人によっては、ひと月のサイクルが月のサイクルとぴったり重なることもあるかもしれません。

月の様子と自分の身体のどちらも気にしてみてくださいね。

 

では、良い下弦の月をお過ごしください!

 

 

 

 

 

参考

 

 

 

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.