nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

1月6日 牡羊座 上弦の月の過ごし方

f:id:natureangel:20161212183711j:plain

 

nature-angelです。

 

月は、魂、ソウル、過去世。

 

1月6日 04:47 牡羊座 上弦の月を迎えます。

 

上弦の月は、新月と満月の中間点。

半分だけ満たされた月。

パワーが蓄積されていく途中。

 

 

 

牡羊座について

 

  • ルーラー惑星:太陽
  • 四元素:火
  • 三区分:活動宮
  • 二区分:男性性

牡羊座のイメージは、レッドです。

情熱の赤。

エネルギーみなぎる状態。

始動のエネルギー。開拓のエネルギー。

 

 

現在の状態

 

何故か、すごく乙女座のエネルギーを感じています。

ピンク、マゼンタの色のエネルギー。

受容。

「全てを受け容れる」ポジティブもネガティブも全て。

そして、甲乙つけない。

ポジティブもネガティブも、どちらも同じように扱う。

ポジティブが良くて、ネガティブが悪いとか、ラベルをつけない。色眼鏡で見ない。

どちらも同じエネルギー。流れるエネルギーと捉える。

思い込みの枠をはずす。

 

乙女座から、奉仕。

受け取ること。

奉仕は、受け取ることでもある。奉仕によって、心は満たされる。

しかし、自分自身を捧げてはいけない。犠牲にしてはいけない。

できることをやって、受け取る。無理しない。消耗しない。

楽にできる範囲のことを行い、受け取るのが、奉仕。

 

 

牡羊座 上弦の月の過ごし方

 

牡羊座は、活発なエネルギーを持っています。

活動的なエネルギーを持て余してしまうと、そのエネルギーは自虐的に働く可能性が出て来ます。

外に向けましょう。

攻撃では無く、奉仕という形で。

 

受け取るのは、お金という形にこだわらない。

お金も単なるエネルギーの流れ。

目に見えるエネルギーの流れです。

お金はとても物質的なエネルギーを持っていて、色でいえば、赤。牡羊座と同じ色。

 

お金には多くの観念がまとわりついているので、大きなエネルギーを持っています。

お金のネガティブなエネルギーに惑わされないようにしましょう。

 

ネガティブなエネルギーの代表格は、恐怖。

お金が無いことを考えると恐怖を感じます。

恐怖にフォーカスすればするほど、恐怖は大きな力を得ます。

でも、恐怖は影と同じで実態はありません。

豊かな自分を想像しましょう。

多く想像したことが現実になります。

良いこと、なってほしいことを想像(創造)しましょう。

豊かさで自分の内面を満たしましょう。

 

豊かさを感じられないと思うなら、現在、自分が持っていることを認識しましょう。

物が無いと思うなら、心の中を見てみましょう。

やさしさ、勇気、親切、愛情。

誰でも持っているもの。でも、それが豊かさです。

 

受け取ることは、認識すること。

気づくこと。

そこから始める。

 

天使は、「豊かさはどこにでも存在する」と言います。

受け取る勇気を持てば、受け取ることを自分に許せば、豊かさはやって来る。

自分を信じること。

自分を自分で認めること。

ここから始まる。

 

始まりのエネルギー、牡羊座。

今までの自分を捨てて、新しい自分を始めてみませんか?

 

では、良い上弦の月を!

 

 

にほんブログ村 ホリスティックライフ

 

人気ブログランキングへ

Copyright © nature-angel,all rights reserved.