nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

頭とお腹に意識を向ける

f:id:natureangel:20170728085803j:plain

 

nature-angelです。

 

今朝、起きる直前に言葉でメッセージを受け取りました。

  • 頭とお腹に意識を向ける
  • 強くなくてもいい

 

この内容を書きます。

 

 

 

頭とお腹に意識を向ける

 

これは、「頭」だけ、「お腹」だけに意識を向けるのではなく、どちらに対しても同じように意識を向けていく、ということです。

 

例えば、「頭だけ」に意識を向けた状態は、「考え事ばかりしている」状態です。

あるいは、精神的なことで頭がいっぱいになった状態。

 

一方、「お腹だけ」に意識を向けた状態は、食欲などの身体からの欲求を満たすことに気を取られた状態です。

 

人間は、頭だけ、お腹だけで生きているわけではなく、頭もお腹もくっついた状態で一人の人間として機能します。

 

ですから、どちらにも意識を向けることは大切です。

 

一昔前は、肉体的な労働が主体で、現在は頭を使うことが多くなりました。

また、時代の発展の中で、スピリチュアルや瞑想やマインドフルネスなど、精神や頭の方に意識を促す流れもありました。

 

ですが、今の人間の発展段階を考えると、「身体的な欲求」と「精神的に必要なこと」の両方のバランスを取る必要があります。

 

「精神性を大切にする」一方で、「身体を満たすこと」が必要です。

 

特に「身体を満たすこと」については、

  • 適度に満たす
  • やり過ぎない
  • 動かす

これらのことが大切です。

また、人間として大事なことは、道徳や善悪に対する選択です。

 

私たちは、身体を持つものですが、身体の意識と同調しすぎてはいけません。

また、精神性を追求するあまり、身体をなおざりにしてもいけません。

「身体と精神の中間の存在」と捉えるとわかりやすいかもしれません。

 

 

強くなくてもいい

 

身体や精神が頑強なのは、理想です。

 

でも、強くなくてもいいのです。

 

私たちは、自然に比べると、とても小さな存在です。

宇宙の中では、とてもちっぽけな存在です。

そのことを忘れずにいましょう。

 

「強い」「弱い」とは、何かを基準にして比べた状態です。

この基準は何でしょうか?

とても、曖昧です。

 

ですから、「強い」ということは人によって違いがあります。

自分が「弱い」と思っていても、他人は「強い」と思っているかもしれません。

特に、精神的な面に関して、詳細は特定できません。

 

「強い」と思うのは、自分の中で「弱い」と感じた経験があるからです。

「強い」人というのは、「弱さ」を知っている人です。

 

始めから「強い」人などいないでしょう。

それは、赤ちゃんを見れば、誰でも容易にわかるでしょう。

 

ですから、強くなくてもいいのです。

大切なことは、自分の課題に対する真摯な姿勢。

毎日、真剣に生きること。

 

「真剣に生きる」と言っても、いつでも全力疾走することとは違います。

健康や行為が継続可能な状態で、毎日コツコツと努力するということです。

時には、気晴らしも必要でしょう。

 

人間として生きるために必要なこと全てに対して、バランスを取りながら生きるということです。

 

 

 


人気ブログランキング

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.