nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

スピリチュアルな太陽 ‐ 7つの惑星より

nature-angelです。

これまでのブログの記事で「7つの惑星」の色と性質について書きました。

ここでは、これら二つの記事の内容から、「太陽」について、まとめ記事を作りたいと思います。他の惑星も一つずつ別記事で同様にして作っていきたいと思います。自分の知識の整理と勉強もかねています。

 

natureangel.hatenablog.com

 

natureangel.hatenablog.com

 

実際の太陽

太陽は、太陽系の中心となる恒星で、直径は139万キロメートル。地球の直径の約109倍の大きさです。中心部では核融合反応が起きていて、膨大なエネルギーが生み出されています。また、太陽の表面ではフレアと呼ばれる激しい爆発が起き、表面温度は約5500度といわれています。光の他にもあらゆる波長の電磁波を宇宙空間に放出しています。

 

太陽の色

太陽の色は「白」、あるいは「金色」ということもあります。

「白」は「純粋」「浄化」「光」などを表します。また、白は「反射」の色、「全ての色が含まれる」色ともいわれています。

実際の太陽を見てみると、光にあふれ、とてもまぶしいですね。まさに「光」そのもの=「白」という印象です。

 

太陽の臓器

太陽に対応する人間の臓器は「心臓」です。

「心臓」は血液を運ぶ原動力で、人間にとって、とても大切な場所ですね。

また、「心臓」の辺りには「ハートチャクラ(第4チャクラ)」があります。

ルドルフ・シュタイナー人智学では、キリストエネルギーは心の中の光です。そして、その光は温かさを感じるものです。

太陽も光と共に温かさを感じることができます。また、「心臓」は温かな血液を体全体に送っています。

温かな光あふれる太陽、温かな血液を送る人間の「心臓」。共に中心の存在ですね。

「太陽」は太陽系の中心にあり、私たちは太陽の光と温かさの恩恵を受けて生きています。私たちにとって、心臓も太陽も生きていくためには欠かせない存在です。

 

太陽のシンボル

太陽のシンボルは円です。中心に点があります。

(ちょっとゆがんでいるけど、円として見てね。)

f:id:natureangel:20161003194732p:plain

このシンボルについての説明で良いものがあったので、引用します。

 

始まりも終わりも持たず、全体性と完結性を示す霊(スピリット)を表す円。中心の点は生命の閃光(スパーク)である。わたしたちは全体としての霊の一部であると同時に、その霊の閃光でもある。無限が有限の形態の中へ顕現する点。全体としてこのシンボルが表しているのは、特定の点ーーすなわち個人――を通じて具現化される無限の潜在力の現実化である。

 

占星術完全ガイド  ――古典的技法から現代的解釈まで

占星術完全ガイド ――古典的技法から現代的解釈まで

 

 

 

スピリチュアルな宇宙の中には魂の還る場所があるといわれています。宇宙を海に例えると、 私たち一人一人は、海のひとしずくです。

私の印象では、このシンボルは「宇宙全体と私」「私の内側(ハート)の光」という感じで、「空(くう)」や「悟り」でいう「私の中の宇宙」のことでもあるのかなと思いました。

 

 

太陽についてのまとめは、どうでしたか?

宇宙やスピリチュアルなことは奥が深いですね。私もまだまだこれからという感じです。でも、宇宙や惑星のスピリチュアルな側面を考えるのは、魂にとっての栄養になると信じています。

 

f:id:natureangel:20160822093413j:plain

Copyright © nature-angel,all rights reserved.