nature-angel’s diary

オラクルカードリーディング、メッセージをお届けします

水星逆行中~人生の振り返り

最近、話題になっていますね。あの大学辞めて起業するとかいう記事。シロクマさんもこの記事について書いていた。

 

p-shirokuma.hatenadiary.com

 

他の人も書いてたな。ブログのトップに載ってた記事も読んでみた。ある程度の年齢の人はこの一人の学生が書いた記事を読んで人生の振り返りをしているのかな。そういう意味で、水星逆行中で過去振り返り、みんな進んでいるのかな。すごいよね。その記事読んで、みんながそれぞれ考えて意見言って発表しているって。宇宙的に考えると、あの記事一つだけで、どれだけの人が水星逆行中の過去の振り返り事項を実施しているのか?と思う。その、結局、多くの人が水星逆行の流れに乗っているというか。

 

やっぱり、人間、何でも経験してみないとわからないもんだ。私もそうだったなと大学生の頃の自分を振り返ってしまった。中退とか起業とかはしてないけど。

私は一応レールの上を行くタイプだったけど、いま考えてみると、意外にそれを消化するのが上手かったかもしれない。その敷かれたレールに妄想を加えてアレンジして自分の夢に付け替えてしまっていたと思う。どんだけ都合よくできているんだ私の中のシステムは。

でも、親元から離れて、就職して、結婚して、子供が生まれて、子供を育てて、ある程度の苦労もあって、それで、ようやく親の気持ちがわかるようになった。働いてみて初めて働くことの厳しさや大変さがわかるようになったし、子供を産んで育ててみて初めて親の苦労がわかったというもんだ。経験して初めてわかるようになった。私の場合。

 

話は変わるけど、いわゆる仕事とか「できる人」って、結構、この経験なしでも、選択することが的を得ているし、結局、何をやらしても上等な結果を得るような気がする。基本的に、こういう「エリート」タイプの人は、努力と集中力が半端無いし、余計なことは考えないで、やるべきことだけを淡々とやりこなすイメージがある。こういう人はマスメディアなどですごく目立っているけど、少数派なのかもしれないな。でも、みんなのお手本的存在だから、前面に出てくるんだろうな。

 

少なくとも私は「エリート」タイプではなく、「弱小」タイプだったなと思った。特に、大学生の頃は、親元を離れていて友達と遊び放題で、あまり勉強する方ではなかったけど、親から学費も払ってもらって仕送りもしてもらっていた。それなのに不満があったってどういうことだ。人生に目標も持っていなかった。今から考えると、逆に、すごく幸せだったなと思う。何て甘ちゃんだったんだと思う。

今では、親に対して感謝の気持ちでいっぱいだ。本当にありがとう。感謝してもしきれないな。

でも、あの頃のあの自分はあれで精一杯生きていたのは間違いない。過去は変えられない。それに、その時を経て、今の自分が形成された。悔いはない。

 

大学を卒業して、実は、修士課程に進んだ。その後、就職して一年後には結婚したから、それからは今の夫とずっと一緒の人生を歩んでいる。そして、息子と。

嫌なこともつらいこともあったけど、基本、家族三人仲良しで、いまは毎日笑って暮らしている。

 

正直言って、私は高校生の頃、うつ病みたいなことになっていて、毎日死にたいと思っていた。でも、親に迷惑かけたくないという気持ちが強くて、何とかなっていた。(そういう意味でも、親には感謝。)たぶん、子供の頃から、生きているのがつらいという気持ちが強かったのだと思う。でも、とにかく生き続けていて良かったなと、今は思う。全てにありがとう。

 

いまでも十分幸せだけど、これからは、もっと楽しく、もっと幸せになりたいなと思う。

 

追伸

昨日の夜中に受け取った言葉は、「exaggeration(誇張、誇張した表現、おおげさに言う・考えること)」でした。たぶん。一応、英語の勉強を地道に続けているんだけど、この夢というか、瞑想状態というか、そこに英単語出てくるとは思わなかったので驚いた。まだ語彙力がある方では無いので、かろうじて単語がわかったという感じです。ご報告まで。

 

f:id:natureangel:20160826080402j:plain

Copyright © nature-angel,all rights reserved.