nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

相模原事件のふりかえり

神奈川県相模原市知的障害者福祉施設津久井やまゆり園」で7月26日に起きた大量殺人事件。このことについて思ったことを書きたいと思う。

[目次]

 

 障がいと偏見

この事件について、一番初めに思ったのは「ひどいな」ということだった。でも、時間が少し経って感じたことは「深い問題かも」ということだった。あの犯人に限らず、人類史上、障がい者殺しは存在していたし、偏見はいまだにある。

 

前のブログにも少し書いたが、障がいに対する偏見や厳しい態度は昔からあって、ひどいものだった。

 

natureangel.hatenablog.com

偏見以前の問題

それで、思ったんだけど、偏見以前の問題もあって、一般人の大部分は、重度の障がい者のことをほとんど知らない。私もすごく知っている方とは言えないけど。

 

この事件の犯人は、もともと、そこで働いていた若い男性。経験浅いと思うから、知らなかったことや理解できないことも多かったに違いない。

 

この後からは、私の勝手な想像なんだけど、

仮説1

この人は、この施設の障がい者の状態や生活状況を実際に見て、ひどくショックを受けたんじゃないかなと思った。

問題はその後。その実際のショッキングな状況を目の当りにした後、それをそのまま受け入れられなかったのかも。だから、「みんなのために自分がその人たちを殺す」的な考えに至ったというか、現実逃避に走ったんだと思う。自分のショックな気持ちをどうしていいのか、わからなかったのかもしれない。

 

仮説2

その犯人の若い男性は、「意思の通じない障がい者」を殺す的なことだったと思うから、世話するうちに耐えられなくなったんだと思う。本当に重度の身障者だったら、身の回りの世話を一生懸命しても、当然、感謝の言葉も反応もほとんど皆無。そうなると「オレ、何のためにやってるんだ?」とか「この人、生きてる意味あるの?」と思うのも普通の反応かなと思う。だからと言って、殺しちゃダメだけど。

 

ところで、重度の知的障がいと身体障がいを併せ持っている人に、一般人が遭遇したら、すんなり受け入れられる人はどれくらいいるんだろう?

話もできない。動けない。トイレもできない。自分で食べれない。みたいな人。

まだ、動きの少ない人は良い方なのかもしれない。ある意味、世話しやすいし。

重度の知的障がいで自閉症自傷行為バリバリの人とかは、私が想像しただけでも大変なことになっていそうだ。想像さえできない人の方が多数派だと思う。

 

まとめ

  • 相模原事件には障がいに対する偏見などの「深い問題」が含まれている。
  • 偏見以前の問題がある。
Copyright © nature-angel,all rights reserved.