nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

タロットの大アルカナと人の成長

最近、タロットに興味が出てきた。まだまだ学びの途中だけれど、大アルカナカードについて、自分の学びと理解のために書いてみた。

 

 

タロットはスピリチュアルな教科書

タロットカードはスピリチュアルな教科書ともいわれ、スピリチュアルな象徴に満ちている。色々なシンボル(象徴)がカード毎に散りばめられ、意味を織りなす。

私はスピリチュアルな意味を示すシンボルが好きだ。

外的な物事の内包する真実を表す。

 

最近、読んでいるタロットの本。

この本は一枚ずつカードの意味などを手短にまとめられていて読みやすい。

タロット バイブル 78枚の真の意味

タロット バイブル 78枚の真の意味

  • 作者: レイチェル・ポラック,鏡リュウジ,現代タロット研究会
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/12/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

大アルカナカード

タロットの大アルカナの22枚のカードは、人間の成長をなぞらえているようだ。

始めは0番「愚者」。

私は何故かこのカードが好きだ。そして、よく見るとおもしろい。

「愚者」は足取り軽く上を見て希望に満ちているが、足元は断崖絶壁。

始まりは未知であり、希望があり、だからこそ、初めの一歩が踏み出せるということだろうか。

 

タロットはよく「愚者」の旅と表現される。

タロットの最初に出てくる「愚者」が主人公になって、物語が始まる。

物語の内容は、もちろん大アルカナのカードの意味になぞらえて続いていく。

その内容を自分なりにまとめてみた。()の中にカードの番号と名前を示した。

 

「愚者」の旅

始まり

「愚者」は、目的に目覚め(1.魔術師)、

自分の直観を信じて(2.女教皇)、

情熱に従い行動する(3.女帝)。

社会へ

社会のルールを知り(4.皇帝)、

道徳に従って生活する(5.教皇)。

家族と自立

愛を学び(6.恋人たち)、

困難を克服して(7.戦車)、

強さを得る(8.力)。

自己の発見

自分の内側を見つめ(9.隠者)、

カルマに気づく(10.運命の輪)。

新しい視点

公平な視点から物事を判断できるようになり(11.正義)、

さらに異なる視点を得る(12.吊るされた男)。

エゴを克服

自分の過去やエゴを手放し(13.死)、

新しい自己に気づき、献身する(14.節制)。

神への理解

影の部分、闇を理解し(15.悪魔)、

新しい見解へ(16.塔)。

癒し

心が開かれ、癒しがやってくる(17.星)。

スピリチュアルな世界へ

恐れや本能を理解し(18.月)、

スピリチュアルな気づきがやってくる(19.太陽)。

新たなスタート

新たな人生が始まり(20.審判)、

世界に貢献する(21.世界)。

 

 最後に

本当に簡単に自分だけの解釈でまとめてみた。しかし、大アルカナのカードの意味はまだまだ深いもので、簡単な言葉だけで表現するのは難しい。

それでも、自分の理解のために自分の言葉でまとめてみた。またいつか理解がもっと深まったところで解釈して、まとめてみたいと思う。

Copyright © nature-angel,all rights reserved.