nature-angel’s diary

月のリズムで過ごしながら、オラクルなメッセージをお届けします

ネガティブ感情と向き合う&感情のクリアランスに役立つ方法

(2017.9.02更新)

 

ネガティブな激しい感情は、とてもつらいものです。

 

私も数年前までは、大変な思いをしてました。

それが、今では嘘のように無くなっています。

(今の生活にもよりますが)

 

ここでは、自分のネガティブ感情と向き合ってきた経験を振り返り、結果的に感情のクリアランスに役立った方法を5つ紹介します。

 

 

 

 

感情と向き合う前に

 

感情と向き合う前に、知ってほしいことです。

 

  • ネガティブ感情をクリアにするには、ある程度の時間がかかる

 

私の場合、数年間は毎日、30分程度の瞑想をしました。

それと同時にポジティブ思考を実践しました。

この時が一番苦労しました。

 

 

  • ネガティブ感情と正面から向き合うことは、なかなか骨の折れる作業

 

特に始めの頃は、心が折れそうになります。

ネガティブ思考の強い人は、ポジティブ思考を身につけることをおすすめします。

早ければ早いほど良いです。

 

思考も習慣です。

もともと、ネガティブ思考の私でも、練習して身につきました。

その後からは、かなり楽に感情と向き合えるようになりました。

 

 

  • できるだけ自分の感情を観察する

 

自分の感情を観察することは、とても重要です。

感情に振り回され辛くなり、理性を働かせ易くなります。

私の場合、起きている間はずっと、意識するようにしていました。

 

 

ポジティブ思考について

 

感情が出てきた時に、とても助けになるのが、思考の力です。

思考の力とは、左脳の論理的思考のことです。

 

思考の力が強くなっていくと、感情に振り回されにくくなります。

自分の状態を冷静に観察(俯瞰)できるようになるからです。

 

また、「ポジティブ思考=前向きな考え方」をすることによって、希望が持てます。

希望は、未来に関係するエネルギーで、未来を変える力を持ちます。

 

私の場合、大学も理系だったため、論理的思考が身につきました。

これは、真実を見つけるためにも、とても役立っています。

 

ポジティブ思考は、デメリットも取り上げられていますが、

「ものごとの良い面に意識を向ける」という点で、とても役立ちます。

何事にも良い面と悪い面があり、たいてい人は悪い面に先に気がつくからです。

 

 

感情のクリアランスに役立つ方法

 

私の行った感情のクリアランスに役立つ5つの方法を以下に示します。

どれも簡単にできるのでおすすめです。

 

  1. 瞑想
  2. フラワーエッセンスを使う
  3. ホ・オポノポノ
  4. セドナメソッド
  5. 天使に助けてくれるようお願いする

 

 

瞑想

 

基本は「楽な姿勢で目をつぶり、ただ静かに過ごす」ことです。

30分程度でOKです。

時間が無ければ、5分でも10分でも良いです。

(1分間瞑想を提唱している人もいたかも)

 

瞑想中は、頭の中にいろいろなことが浮かんできます。

でも、それをそのままにして、リラックスした状態で過ごします。

慣れるまでは、基本の瞑想を、できれば毎日続けるのがおすすめです。

 

続けていくと、だんだん、頭の中に浮かんでくることが少なくなります。

慣れてきたら、散歩しながら、手仕事しながら、できるようになります。

 

 

フラワーエッセンス

 

フラワーエッセンスは使うだけで、ネガティブ感情に作用します。

フラワーエッセンスは、ネガティブな心の状態から選びます。

 

自分でフラワーエッセンスを選ぶと、「自分の感情」について、よく考えるようになるため、自分の感情を把握しやすくなります。

 

いろいろな使い方ができ、気軽に使えて、副作用も無いので、おすすめです。

 

 

ホ・オポノポノ

 

ホ・オポノポノは今では有名です。

「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」

を唱えるだけです。

言葉を使う他にも、特定の食べ物を食べることでクリアにできることもあります。

余裕があれば、書籍などを参考に、食べ物を利用する方法も試してほしいと思います。

 

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方

 

 

セドナメソッド

 

セドナメソッドは自分に問いかける方法です。

以下の問いを続けます。

⑤の質問で「今」と言えた時が感情の解放となります。

 

①「今、何を感じていますか?」(はい/いいえ)

→②「その感情を認めることはできますか?」(はい/いいえ)

→③「その感情を手放せますか?」(はい/いいえ)

→④「手放しますか?」(はい/いいえ)

→⑤「いつ?」(今/それ以外の答えも可)

 

 

 

天使にお願いする

 

これは、そのまま、ただお願いするということです。

「大天使ラファエルよ、この感情を手放し、委ねます。助けてください。癒してください。」と心の中でつぶやきます。

 

言葉は、あまり細かいことは気にせず、自分の言葉で良いです。

いつでも、何回でもお願いしてください。

 

私は、1日に数回以上、お願いした時期もありました。

くり返すと、不思議と心の中がスーッとしてきます。

今でも、気になることがあると、大天使ミカエルに頼みます。

(癒しに関することは大天使ラファエル、ネガティブなエネルギー除去は大天使ミカエルに頼みましょう)

 

 

おわりに

 

どうでしたか?

時々、思いついた時にするとかでもいいです。

少しずつで良いので、ぜひ、どれか試してみてくださいね。

 

 

 


スピリチュアルランキング

Copyright © nature-angel,all rights reserved.