nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

人は一人では生きていけないけど、孤独を感じるということについて思うこと

「人は一人では生きていけない」こういうことはよく聞く。「孤独を感じる」「孤独だ」こんなせりふもよく聞く。一体、人ってどうなっているんだろう?

 

でも、よーく考えてみれば、たいていは一人きりで生きているわけじゃない。直接的、間接的に他の人との接点が必ずある。

買い物に行く。そこには店員がいる。レジ係がいる。セルフレジもあるけど、必ず係りの人がいる。建物が建っている。大きなビル。小さな家。自分で作ったわけじゃない。

家で一人でいて孤独を感じたとする。家にこもって、誰にも合わないとする。インターネットを見る。インターネットには多くの人が記事を投稿している。自分以外の知らない誰かが…。

 

 ここで疑問に思うことは、たとえ知らない人でも接しているのに人は孤独を感じるということだ。「人間みな兄弟」的な観点からすれば、人間どうしであれば本当はつながりがあるはずだ。あまり詳しくないが、心理学者ユングの言う集合無意識という見方もある。このようなことから考えると、無意識の中では人間どうしはつながっているということか?反して、意識的にはつながらないようにしているということだろうか?

 

自分の経験から考えると、人は他人に対して親密さを感じると孤独がやわらぐ。自分のことを理解してくれていると思えると、一人じゃないと思えるし、安心する。このようなことから考えれば、人間どうしは多かれ少なかれコミュニケーションを学ぶために存在しているのではないかとさえ思えてくる。そう思えば、自分の中でいろいろなことが腑に落ちる。人間という言葉も人の間と書く。

 

そういえば、”今日のオーラソーマタロットカード”に対応するボトルが B043 Creativity 創造 (ターコイズ / ターコイズ)で、コミュニケーションに関するものだった。以下に“あなたの今日のオーラソーマタロットカード”からのメッセージを抜粋して記した。

考えて行動するよりも、感じて行動することのほうが、あなたらしい生き方ができるのかもしれません。あなたのハートから表現されるものは、他の人のハートに優しくふれ、共感を与えます。そしてあなたの創造性が、他の人の創造性を刺激する、手助けになるでしょう。

 このボトルのメッセージは「芸術やマスメディアを媒体にしたコミニュケーション」。

 

このことから「自分自身を表現する」ということも立派なコミュニケーションなのだと思った。

 

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.