nature-angel’s diary

自然のリズムで自分と毎日を大切に過ごす生活

自分の過去の人生のスピリチュアルに思えることを振り返って

これまでの自分の人生を振り返ってみると、何か不思議な力が働いていたように思えます。それがスピリチュアルとか精神世界とのつながりと言えるのか断言できませんが、とにかく振り返ってみたいと思います。

 

 

子供の頃

 

小さな頃は、とても”おばけ”という存在が怖くて。

 

幼稚園ころからの記憶では、一人部屋だったのですが、夜が怖くて眠れない日が結構あったのを覚えています。

 

小学生の低学年で妖怪図鑑みたいな本を読んでから、さらに怖くなって夜中にトイレに行くのが大変でした。

 

子供の頃は、ほとんど怖いだけだったかもしれません。

 

 

イエス・キリスト

 

でも、そういえば幼稚園はキリスト教会付属だったため、毎日祈りを捧げていました。ご飯食べる前とおやつ食べる前。今でもよく覚えています。

 

両親はキリスト教とは全く関係ないので、家族は何もしませんでした。

でも、なぜか、私は寝る前には必ずイエスさまに祈りを捧げてから寝ていました。

日曜日は礼拝で賛美歌を歌っていたし、聖書を読んだりしてました。

 

 

神秘体験

 

中学生の時には、朝起きたら、小さな子供くらいの大きさの白い光(いま思い返してみると天使だったのかも)を目撃したことがありました。

たぶん、初めてのスピリチュアルな目撃体験。でも、この頃が一番スピリチュアルとは関係なかったかもしれません。

 

 

大人になってから

 

仏教

 

大学生になった頃に、母が仏教に熱心で、ほぼ強制的に自分もお経を読んだり、写経するようになりました。

そんな普通の大学生で下宿して青春まっさかりなのに、部屋に入ったら写経してるって変わってますよね!

この頃は、霊的体験が結構ありました。それで、さらに写経したりして。

 

 

神道

 

結婚してからも引き続き仏教派でしたが、いろいろあって神道派に。天照大神(あまてらすおおみかみ)ですね。この頃から、瞑想を毎日行うようになりました。

 

 

人智学から、天使まで

 

子供が小学生に上がる頃、人智学(ルドルフ・シュタイナー)を学び、その後でオーラソーマ(創始者のヴィッキー・ウォールさんはユダヤ教カバラ)を学び、

 

最近はアーユルヴェーダやヨーガスートラの本も読みます。

 

そして、天使と大天使、妖精と続きます。

 

 

結論

 

何だか、宗教的というか、無宗教的というか。自分でも、なぜこんなにごちゃまぜなのか、よくわかりませんが、結局、全部一緒なんですよね。根源って。

 

あとは私の前世が相当前の時代だったとしたら、宗教なんか無くて、もう自然か宇宙しか考えられない。

 

 

前世についての記事はこちらです。 

 

www.nature-angel.com

 

Copyright © nature-angel,all rights reserved.